キャッチボールでいい音を出したい


キャッチボールでいい音を出したい

キャッチボール

キャッチボールで「パァン!」といい音がする、
ピッチャーが投げた球がキャッチャーミットに入る際に、
「スパァン!」という音がする。

これはボールを投げた方にも捕った方にも気持ちいい瞬間です。

このいわゆる「捕球音」はどうしたら鳴るのでしょうか。
音を出すためには、グラブの真ん中(芯)の部分に、
しっかりとボールがぶつかっていくと音が出ます。

野球のボールは主にグラブの芯にボールを当て、
その衝撃を吸収してからつかみます。
特に内野用のグラブは、芯がしっかりしていて、
それによって手やグラブが傷みにくくなっています。

キャッチボールでついついネットの部分で捕ったり、
自分にとって遅い球だからと掴みに行ってしまうと、
こういった気持ちの良い音は出ません。

ですから、しっかり音を鳴らしたいのであれば、
ボールがグラブに入ってくるように待つ必要があります。

そして、グラブが適切に面を作って立っている必要があり、
それが上手にできると捕球もしやすく、
捕りこぼすことも少なくなります。

つまり、いい音が鳴っているなら、
補球がうまくできているということになります。

好走塁
この捕球音、内野手には実は重要な意味を持っています。

審判はどの時点で捕球を判定するかというと、
グラブの中までは見えませんから音を頼りにします。

感覚的な話になるのですが、
送球が来てアウトかセーフか際どいタイミングでは、
捕球音がきれいに鳴らないとセーフになりやすいです。

きれいに音が鳴っていると落球やお手玉も少ないので、
それで自信をもってアウトをジャッジしやすいのです。

ですから、内野手はキャッチボールの時から、
上手く音を出せるような捕球を意識しておきましょう。

キャッチャーにとってはピッチャーを乗せるためにも
大事なキャッチの技術です。

上手なチームはキャッチボールから音が違います。
ぜひ、音にこだわって練習してみてください。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ