低学年の少年野球選手は、まずは素振りをしてみよう

Pocket

低学年の少年野球選手は、まずは素振りをしてみよう

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

こんにちは!
コーチの道治です^^
今日は前回のブログの続きです。

 

バッティング練習

自分に合ったバットを見つける事が
出来れば次はそのバットを使った
『素振り』です!
バッティングの基本になるのがこの素振りです。

どんなプロ野球選手もやっています。

これから先何万回とおこないます。

 

バッティング

 

そして、いろいろな理論があり、一概にこれがただしい!!

とは現在の野球では言えません。

ただ、どうしてもおさえておきたい「基本」は
ありますけどね。

そんな素振りですが、まずは手の持ち方
程度は教えてあげたほうが良いかと思いますが、
最初は自由に振らせてみてください。

バッティングというのはこの野球という
スポーツの中で一番個性が出る技術です。

その個性が1番強いであろう、野球をはじめた
ばかりの少年に、打ち方は『あーだこーだ』と
言っても到底分からないと思います。

あまりに強制をしすぎると野球を嫌いに
なる可能性だってあります。

そうなってしまったらせっかく好きではじめた
野球なのに嫌になってしまいますよね。

そうならない為にも、まずは自分で
やらせてみてください。

そして、その我流が変だ!!と気づくときが
かなり早くくると思います。
(だって何も教えてもらってないんですから。笑)

チームに所属をすれば誰かしらから
指摘があると思います。

そして、その変なフォームでは
当然ボールは打てません。

バッティングというものは常に
変化していくものだと思います。

体が大きくなるにつれてバッティングフォームは
変わってくると思いますし、野球を続けていくと、
今までの打ち方ではこのレベル通じない!
とマイナーチェンジを求められる事が多々あります。

4年生くらいまではあれこれ指示して修正しようと
思っても、身体の筋力や関節の可動域の発達してな
いので難しいです。

そんな時に自分で解決できるだけの考え方を
小さな時から鍛えていくのはバッティングだけでは
なく、野球全般で使えると思いますし、大きくなって
社会に出てからも使える能力になると思います。

細かい事は気にせず、まずは子供に考えさせることをさせる!

低学年にはとにかく自由に振らせる、打たせる
これが大切なテーマになります。

 

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ