少年野球はまずはバッティングに必要なモノを揃えよう!


少年野球はまずはバッティングに必要なモノを揃えよう!

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--
こんにちは!
コーチの道治です^^

 

スクールスタッフ道治コーチ

 

今回は少年野球のバッティングで自分が
野球を始めた頃を思い出して書いて
いこうと思います。

表題にも書いたように、まずバッティングを
する際に必要なモノを揃える必要があります。

これは皆さん分かると思いますがそう、
『バット』です。
その他は必要ないです。

バットが1本あれば少年野球の
バッティングは大丈夫です。

経済的に余裕があるなら
手袋もあったら良いと思います。

私は現在35歳を越えたところですが、
今の選手のほとんどはバッティング手袋を
している子供の数が多いと感じます。

確かにプロ野球なんかを子供が見ると着けたく
なるのはわからなくも無いですし、記憶を思い
返してみれば最近のベースボールショップなんか
にも少年野球用の手袋もあったりしたなーと。

子供達の握力って物凄く弱いです。
バットの力を最大限ボールに伝える為には
グリップ力は物凄く大切です。

日々、新しい物が世の中に出ています。
素手で素振りをして、手をマメだらけにするのも
分からなくないですが、マメを作る為に素振りを
しているわけではないので自分は手袋擁護派です。

少し話はそれましたが、肝心のバット選びですが
まずは自分が振れる範囲で選ぶこれが絶対だと
私は思います。

『これから体が大きくなるから』
『少し重い方がトレーニングになるから』
そんなことは考えないでください。

今は少年軟式でも物凄く高いバットがあります。
そんな高価なバットを使うより、自分にあったバットを
常に使う方がフォームの安定します。

先のことを考えて長く重いバットを買ったり、お兄ちゃんや
友だちからもらったバットを無理して使っていると
打てないばかりか、フォームがめちゃくちゃになります。
安いバットでいいんです。

それに安いバットだからと言ってボールが
飛ばないわけではありません。

しっかりしたポイントでボールを捉える事が
できたらボールはどんなバットでも飛んでいきます。
ビヨンドなどの高価なバットはどのポイントでも、
バットのどの部分でもある程度の飛距離が出てしまいます。

少年野球で野球人生を全うしようなんて
考えている人は居ないと思います。

当然、その先も考えている人がほとんどだと思います。
技術的なことも考えて自分は安いバットが良いと思います。

もっと言うなら木製バットを自分はオススメします。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ