体重の乗ったバッティングの練習方法


体重の乗ったバッティングの練習方法

少年野球バッティング

長打を打ちたいと思ったときに、
パワーを重視して力んだスイングをする人も多いのですが、
もっと大事なことは「体重を乗せる」ことです。

隣合った人に対して、
上半身だけを動かして少し肩を当てるのと、
下半身を一歩相手側に近づけてから、
体全体を動かすようにして肩を当てるのとでは、
その重さがまるで違ってくるはずです。

バッティングも同じで、体重を乗せるためには、
いかに下半身も使っていくかが大切になります。

そのための練習方法をひとつ紹介します。

体重を乗せたバッティングをするためにぜひやってほしいのが、
「ウォークスイング」という練習方法です。

当スクールで作成した動画を掲載しておきます。



この練習では、一歩進みながらスイングを行います。

軸足になる部分を背中側から一歩前に運び、
踏み出す足を前に出してスイングします。

この時、しっかり体重が後ろに残っていないと、
前に突っ込むような打ち方になってしまいます。

かと言って、体重が後ろに残ったままだと、
力の入らないへっぴり腰なスイングになってしまいます。

移動をしながら、自然な形でスイングができればOKです。

また、注意すべきポイントとして、
スイング時に脇が開いてしまっていないか、
肩が下がってしまっていないか、
目線がぶれてしまわないかもチェックしておきましょう。

バッティング指導

一歩ステップを入れるだけですが、
その一歩が加わることでフォームが固まっていないことが
明らかにわかるようになります。

動画のようにしっかりスイングできるためには、
体重移動や軸足に体重を乗せることなど、
スイングの基本がしっかりできるようになる必要があります。

慣れてきたら、バットの長さや重さを変えてみたり、
いろんなコースに対してウォークスイングするなど、
通常の素振り同様に様々に工夫してみると良いでしょう。

繰り返し練習して、パワーの伝わるバッティングを目指しましょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ