少年野球のバッティンブで「壁を作る」とは


少年野球のバッティンブで「壁を作る」とは

バットスイング

少年野球をしていると、バッティングの指導の際に、

「壁を作れ!」

と言われることがあります。

これは一体、どういうことを言うのでしょうか。

「壁を作る」とは、簡単に言うと、
「体の軸をまっすぐに保つ」ことを言います。

スイングをする一連の動作の中で、
壁がまっすぐな状態でに動くように、
体の軸がまっすぐな状態で動くということです。

コマ

コマで考えるとわかりやすいと思いますが、
軸がまっすぐに近いほどしっかり速く回ります。

しかし、軸が斜めに傾き出すと、
フラフラしていつか倒れてしまいます。

野球のバッティングでも同じで、
スイングという回転運動をする際に、
その軸となる体幹部分が傾いていると、
しっかりと体を回転させることができずに、
きれいなフォームにならないのです。

体がグラグラしていると、体感としても、
ボールが速く見えたり動いて見えるため、
バットでとらえるのが難しくなります。

スイングの最中にはバッターボックスの中で、
重心が動いていきますが、この動作の中で
軸をしっかり意識することが大切なのです。

少年野球バッター

一般的にはステップの際に脚が大きく上がると、
その分、壁が崩れやすくなります。

ですから、一本足打法などはよほど上手でないと、
壁をうまく作ることが難しいです。

プロの選手などはやはり壁がきれいにできていて、
それだけパワフルでスピードのあるスイングをしています。

「壁を作れ」と言われることがあれば、
バットを振っている時の姿勢がぐらつきがちだと思って、
体の使い方を指導者に聞きながら形を作りましょう。

「壁を作れ」というのは、守備でも言われます。

ゴロ処理などの際に、文字通りに自分が壁になって、
後逸しないようにすることを言うこともありますし、
またバッティングの際と同じように、
守備の動作の際に体の軸を動かさないようにと言う意図で
言われることもあります。

野球の言語には独特なものがあり、
また指導者によって使いどころが違うこともあるので、
わからない場合は都度聞いていくことをおすすめします。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ