少年野球の打力アップには


少年野球の打力アップには

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

強打者

少年野球の試合では、守備はみんな頑張って練習しているため、
打力勝負の展開になることが多いです。

ここでいう打力というのは、
「ヒットを打つことができる」ということ、
そして「ヒットの中でも長打が打てる」ことです。

そこそこのあたりでは守備にさばかれますから、
打力を高めて守備網を突破しましょう。

スイング
そのためにまずするべきことは、見ることです。
「ボールを見る」ことができないといけません。

ヒットが打てない子は、ほとんどの場合、
ボールを見ることができていません。

「ボールを見なさい」という意味は、
ストライクとボールを見分けるだけでなく、
「うまく打てる球を探しなさい」という意味です。

これをよく理解していないと、
素振りやティーバッティングなどのバッティング練習は、
本当にただの練習になってしまいます。

打力アップを手っとリ早くする方法は、
「ボールをよく見て、打ちやすい球を打つ」
これが最高の方法です。

打てない球を頑張って打てるようになるなら、
プロの選手は苦手コースなんて無いはずです。

高いレベルになると、打てる球を投げさせることを目的に、
わざと見逃したり空振りしたりと駆け引きもします。

ですから、打とう打とうとするのではなく、
打てる球を探すことを意識して打席に立ちましょう。

少年野球バッター
そのためには、実践だけでなく、
練習の時から見る練習をすることや、
自分が打てる球を知っておくことが大切です。

日頃の準備無くして本番で上手くいくことはありません。

動体視力を鍛えるための視力トレーニングは、
様々な形で行えるので是非取りくんでみてください。
当スクールでもいろんなメニューがあります。

またティーバッティングやトスバッティングで、
自分の得意コースや飛距離などを、
あらかじめ把握しておくようにしましょう。

こうした準備があるだけで、打力は上がります。

指導者も各選手の得意な球を探してあげて、
打力アップのお手伝いをしてあげてください。
練習メニューを課すだけでは打力は上がりません。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ