少年野球教室では何が行われているか

Pocket

少年野球教室では何が行われているか

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

少年野球教室がよく開かれていますが、何が行われているのでしょうか。

野球教室マナー

 

少年野球教室では、いろんなバックグラウンドの子供たちが集まり、
そこで野球の基礎的な練習をしながらコツを教えてもらっています。

時には、一見不思議な練習をしながらクセを矯正したりもします。
練習のための練習を教えていることもあります。

 

少年野球教室では、たいていの場合は対象が決まっています。

年齢であったり、野球経験(チームに所属している人のみ等)、
ポジションなどのカテゴリーを分けて集めて、
その対象に合った指導を行うのが普通です。

バッティングやピッチングに的を絞った練習もあれば、
守備に的を絞った練習、ポジション別の練習、走塁練習などもあります。

 

少年野球教室の参加費はいろんな要素で決定しますが、
場所代や用具代、スタッフの人件費や交通費を考えると、
どうしても一回当たり数千円になります。

参加費無料という場合にはスポンサーがついているのが普通です。

 

少年野球教室では、時には野球の指導だけでなく、
野球との関わり方についての講話を聞く機会もあります。

少年向けですから、短く野球の楽しさや続けることの喜びを
語ってくれる方が多いのですが、
子供たちにとって有益な時間かはわかりません。

大人になってみると貴重な話だと思うのですけどね。

 

少年野球教室は、参加して真剣に取り組むなら
間違いなくレベルアップに有益です。

それだけ質の高いコーチが来てくれるわけですから、
よほどのことが無い限りは
自分のチームの指導者よりも質の高い指導が受けられます。

また、野球というスポーツの特性上、
あまり個人にフォーカスした練習はチームでは行えません。

きちんとした指導者に個人指導を行ってもらえる絶好の機会です。

普段は気付かなかったクセを直し、
成長のポイントを掴めることも少なくありません。

こういった意味で、少年野球教室は有益なのです。

 

個人に還元されるものとしては、
練習試合にフル出場するより大きいものがあります。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ