長いバットは外角球に強いのか?


長いバットは外角球に強いのか?

バッティング

少年野球選手は、自分の経験などから野球を考えます。

それが良い方向に向かうこともありますが、
時々誤った方向に向かうこともあります。

指導者はそういうものを見つけ、正しく教える必要があります。

ティーバッティング

小中学生くらいでよく間違ってしまうのが、
「バットは長い方が外角球に強い」という考えです。

バットが長ければ外角も届きやすいと言うのは、
一見正しい意見に思えるのですが、
野球の定説から言えば間違いです。

外角球が届かないのは、
よほど体格が小さくなければ、
バットの長さの問題ではなく踏み込みの問題です。

小学生の体格だとしても、バットを持ち、
腕を伸ばせば外角のストライクゾーンには
十分バットが届くようになっています。

それが届かないのは、
ボールと遠くに踏み込んでいるからです。

踏み込みが甘ければ、たとえバットが届いても、
球威に負けて凡打に終わってしまうだけです。

バットを長くするだけで技術が変わらないと、
かえってスイングスピードも遅くなって、
さらに球威に負けやすくなってしまいます。

バッティング練習

外角球へのバッティングが苦手な人は、
むしろ短いバットを持って、
しっかり踏み込んで打つ練習をするのがいいです。

ただし、あくまで踏み込むための練習です。

本番で使う長さのバットも使うようにしないと、
感覚が合わなくなりますので、
打撃練習の目的に合わせてバットは変えましょう。

基本的に野球のセオリーでは、
長いバットにはあまりメリットはありません。
練習の時には良いが、本番はよくないと言います。

むしろ短いバットの方が好まれる傾向があります。
スイングも早くなり、ミートも良くなる、
変な球にうかつに手を出さなくなるなどの理由です。
ただし、短いと飛距離は落ちてしまいます。

バットを替えないとしても、
バットのグリップのどこを持つかでも、
似たような違いが生まれてきます。

ただ、やはり長くグリップを持ったからと言って、
外角球に強くなるわけではありません。

大事なことはしっかりバットを振ることです。

そのために一番良いバットの長さを考えましょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ