「逆らわないバッティング」ってどういうこと?


「逆らわないバッティング」ってどういうこと?

スイング

野球中継などで良く耳にするフレーズで、

「ボールに逆らわずに打つ」

というものがあります。

バッティングというのは基本的には、
ピッチャーが投げたボールに対して、
バッターが投げられた方向と反対方向に、
つまり「逆らって」打つものです。

それなのに、あえてこのような表現をするのは、
それだけの理由があります。

「逆らわずに打つ」という表現は、
外角を流し打ちで打った場合によく使います。

でも実は内角球を引っ張る場合にも
「逆らわずに打った」と言うのです。

それは「ボールに逆らって打つ」ことは、

「ボールの勢いを殺さずに打つ」

ことだからです。

ボールの勢いを殺さずに打つためには、
バットの芯でボールをミートする必要があります。

この時、ミートポイントは、
内角球なら前目になりますし、外角球ならやや後ろです。

すると、バットの回転方向の都合上、
内角球は引張り、外角球は流して打つことになります。

これこそ「逆らわずに打った」ことです。

逆に逆らって打つと、「詰まった」打球になります。

ウォーミングアップ

「逆らわないバッティング」をするためには、

どんなボールが投げられていて、
そのボールをどこに打とうとしているのか、
ちゃんと「考える」必要があります。

どんな球が来ても同じようにスイングをしていては、
時には当たり、時には逆らわずに打ち、
時には詰まり、時には泳がされるでしょう。

バッティングの成功率を上げるためには、
状況に応じた適切なスイングをすることが必要不可欠です。

逆らわないバッティングをするためには、
技術も大事ですが、まずは考えることが一番大切です。

打球の方向だけを見ていてはわかりません。

自分の打球はボールの勢いが生きているのか死んでいるのか、
よく見てみて初めて逆らわずに打てたかわかります。

ピッチャーを立ててのバッティング練習の際には、
特にこの点を意識して練習してみてください。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ