バッティングの基本は逆方向


バッティングの基本は逆方向

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

バッティング

 

バッティングが上手になりたい少年野球選手なら、
ぜひ「逆方向」のバッティングを意識しましょう。

逆方向というのは、右打者ならライト方向へ、
左打者ならレフト方向へ打つバッティングです。
いわゆる「流し打ち」と呼ばれる技術です。

流し打ちは高等技術でもありますが、基本でもあります。
どうしてこれが大切なのか説明したいと思います。
逆方向ではなく、順方向に打つバッティングがあります。
いわゆる「引っ張る」バッティングです。

引っ張って打つとなると、それだけ体を回転させて、
そして力で持っていくスタイルのスイングになりがちです。

これは、基礎がしっかりしているなら良いのですが、
初心者のうちにこのクセがつくと、
大振りになってしまいがちです。

そのため、当たれば飛ぶので快感ですが、
打球のコントロールがうまくできなかったり、
またミートが上手くできないということになりがちです。

 

空振り

 

そして、引っ張るためにはインパクトの瞬間、
ボールが自分の体よりも前にある必要があり、
それだけボールを見る時間が短くなってしまい、
速球に対しては弱くなってしまうのです。
対して、逆方向のバッティングであれば、
まずボールをじっくり見る時間が増えます。

また、力よりもタイミングが重要になります。
圧倒的なパワーのある打者でなければ、
逆方向を狙うと差し込まれやすいですから、
あまりパワーを意識する必要はありません。

いかに差し込まれないように、いい位置でミートするか、
そのタイミングがより重要になってきます。

すると、タイミングを合わせるために、
バットを最短距離で出すように意識するようになり、
体の回転やスイングがコンパクトになります。

タイミングの調整次第でどの方向にも飛ばせる、
バットコントロールも身についていきます。
逆方向のバッティングは、長打狙いには向きません。

少年野球スイング

それでも逆方向で長打を狙うときは、
飛距離ではなく、コースで長打を狙うべきです。

うまく塁線ギリギリを抜ける、
もしくは一塁手や三塁手の頭上を越えるように、
狙って打つ必要があります。
かなり難しいので、基本的にはムリをしないことです。
バッティングの基本と言われるのは、
フォームが安定し、しっかりミートできるからです。
そのため、ヒットが出やすくなります。

打率の良いバッターというのは、逆狙いが上手です。

チームの安打製造機を狙っている少年野球選手は、
逆方向のバッティングに積極的に取り組みましょう。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


One Response to “バッティングの基本は逆方向”

  1. […] – バッティングの基本は逆方向 | Count 23 blog – 山なりのボールが打てない学童野球 | Count 23 blog – […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ