バッティング時に手首は動きますか?


バッティング時に手首は動きますか?

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

バッティング

素振りをしたり、打席に入ってバットを振る、
その際にひとつチェックしたいのが手首の状態です。

バッティングに入る際に手首が動くこと、
これが細かなばっとコントロールのためには必要ですが、
これができなくなるバットの持ち方があります。

それがいわゆる「雑巾しぼり」と言われる持ち方です。
バットを握る際に、手首を手の甲側に曲げてしまう、
雑巾を絞る時のような握り方をしていませんか?

この状態は、本人はバットをしっかり握った気になりますが、
バットがボールに当たる瞬間に力が伝わりません。

パンチが一番わかりやすいと思いますが、
雑巾しぼりの手でパンチをしても痛くないのです。
それだけ力が伝わりにくいということです。

もちろん、逆向きに曲がっている時も力は出ません。

バットをしっかり握ることは大事なのですが、
手首はニュートラルな状態に固定し、
バットのインパクト時にうまくコントロールしましょう。

ティーバッティング
緊張しているときなどは、こういったところに出ますので、
自分でも、またコーチをする方も、
こういった部分によく気を付けてほしいと思います。
また、バットが新しくなったりして、
重さや長さが変わった時にもこのようになりがちです。

ピッチャーならボールをどう握るかで球種が違い、
バッターはバットをどう握るかで打球が変わります。

調子の良し悪しでこのバットの握りが変わってしまうと、
安定した打球は飛ばしにくくなります。

他にも先日の記事のように軸足の動きだったり、
また体の向きなど、緊張した時や疲れた時には、
細かい体の使い方の違いが出てくるものです。

いつも全く同じフォームというのは難しいですが、
調子のいい時のフォームは意識しておきたいものですね。

安定したバッティングのためにも、
普段の練習から手首の状態はチェックしておきましょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ