バットスイングを逆再生してみよう


バットスイングを逆再生してみよう

バッティング

バッティングフォームを作るための練習として、
バットスイングを逆再生するという方法があります。

つまり、バットを一度振ってみて、
最後のフォロースルーが終わったところから、
元の軌道を通ってトップの位置までバットを戻します。

できるだけスロー再生のようにゆっくり戻しましょう。

自分の体がどのように動いてきたのか、
またどのような軌道をバットが通ったのかを確認でき、
そして窮屈な動きになっている部分を探せますし、
体の開きがある状態に気づくことができます。

 

少年野球のバッティング練習
頭の中で理想のバッティングフォームを描いても、
実際に体はそのように動いてくれません。

頭で知っていることを体に覚えさせるためには、
何度もその動作を「正しく」繰り返すことが必要です。

そのためにフォームを点検しながら、
何度も何度もバットを振ってみるのです。

スイングスピードを出すために強振する必要はなく、
軽く構えて体の動きを確認しながら振りましょう。
バスターという技術がありますが、
バントの位置から一度トップまでバットを戻し、
それから打ち直すというスイングの方法です。

実はこれもミートポイントから一度素早く戻すことで、
コンパクトな軌道を体に覚えさせることができます。

瞬間の感覚的なものですので長続きはしませんが、
実際に体がそう動きやすくなります。

逆にバスターで戻した軌道ではないスイングをすると、
異様な振りにくさを感じるはずです。

コンパクトなバッティングをしたい時には、
バスターの要領でバットを振ってみると良いでしょう。

 

バットスイング
今は映像などで逆再生したスイングを見ることもできますが、
体に覚えさせるためにもスイングを戻してみることを
ぜひやってみてください。

意外とミートポイントが窮屈なところに出ていたり、
体の回転とバットの動きが合っていないなど、
いろんな発見があるはずです。

調子が悪いと感じる時などは、
こうした観点でフォームをチェックするのも有効で、
頭で考えて悪いところを修正できるようになります。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ