バントは少年野球のバッティングの基本

Pocket

バントは少年野球のバッティングの基本

少年野球バント

バッティングが上手くなりたいのであれば、
素振りも良いですが、バントは練習しておいてほしいです。

最近はバントの有効性について疑問を投げる声もありますが、
それでもバントはバッティングの基本です。
試合で使うかどうかは別にして、練習はするべきです。
バントはバッティングの基本であると言いましたが、
これは必ずしも試合で使えるという意味ではありません。

試合では使わない、使えないこともあるかもしれませんが、
それでもバントを練習する意味が無くなるのではありません。
特に初心者、少年野球を始めたばかりの選手ほど、
バントは重要だと考えます。

少年野球バント
バントがどうして大事なのかというと、
まずバットについての仕組みがわかるからです。

バットのどこに当たればボールが飛ぶ、
どこに当たるとあまり飛ばない、
こういうことがハッキリわかります。

スイングやパワーでごまかすことなく、
バットに当てる位置と反発力の関係が見えてくるので、
バッティングについてよく考えるようになります。
そして、バッティングで大事な打球の方向について、
とてもよく考えるようになります。

バントで大事なのは何より方向です。
方向の悪いバントはただの犬死にですから、
みんな生き残るために方向を必死でコントロールします。

しかしバッティングでは振ること飛ばすことに必死で、
あまり打球の方向を精査しないものです。

バントを練習すると、方向が大事だとわかり、
ボールにどうバットを当てるとどこに飛ぶのか、
それを意識するようになります。

バッターボックス
そしてバントはボールをよく見なければできません。
バントの練習はボールを見る練習でもあります。

特に小学生の時期はスポーツアイの成長が著しい時期で、
この時期にバント練習をしておくと、
深視力や動体視力などが非常にによくなります。

それは当然、先々野球を続けていく中でも
とても大きな武器となりますから、
そのためにもしっかりバントをしておくべきです。
こういった理由でバントはバッティングの基本です。

セーフティバントや送りバントとか、
そういうことではなく、バントそのものに、
バッティングの基礎が詰まっています。

ですから、バントが好きでも嫌いでも、
バッティング練習としてバント練習はしておくべきです。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ