マネをすることで、「考える力」を身につけさせる


マネをすることで、「考える力」を身につけさせる

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

少年野球バッター

 

今の子どもたちは、私が子どものときと比べても

性格的にもやさしく気遣いのできる子が多いのは長所だと感じています。

 

 

けれどもその一方で、自分で考えて課題を解決させる力については

ちょっと弱いかな、とも思っているんです。

 

 

私たちが子どものころは、「週刊ベースボール」に載っている

プロのピッチャーのピッチングフォームの分解写真を見て、

いいと思えるところは取り入れるようにしていました。

 

 

そんなこともあってか、小学校時代は野球仲間が集まると、

誰かが必ず中日の小松辰雄さんや大洋の平松政次さん、

巨人の堀内恒夫さんなどのピッチングフォームをよくマネしては、

みんなの前で披露していたものです。

 

 

ところが今の子たちは違います。

 

 

「プロの世界で活躍している選手はあくまでも雲の上の存在であって、

ぼくには無理だ」

とあきらめてしまって、その一流選手のよいところを

取り入れようとする考え方が、若干欠けているような、

そんな気がしているんです。

 

 

たしかにプロの技術をそのまま取り入れようとしても、

体力的、運動能力的にむずかしいところはあるかもしれません。

その点は否定しません。

 

 

けれどもピッチングフォームにおける身体の使い方については

大いに参考になる部分があるものです。

投手セット

 

たとえば少年野球でコントロールのよくない子がいたとします。

「コントロールをよくするにはどうすればいいですか?」

この質問は少年野球教室をおこなっていると、子どもたちから

非常に多い質問の一つです。

 

 

そこで技術的な部分をあれこれアドバイスしてあげるのも

方法の一つですが、そうしたことを細かく教えるよりも、

「プロで活躍しているピッチャーの分解写真をみたことあるかな?

どの点が良いと思う?」

と聞いてみると、意外と返答に困っている子が多いことに気づかされるのです。

 

 

自分で考える力をつけるにはどうしたらいいのでしょうか?

まずはプロの選手のマネから始めてみて、どの点が優れているのか

自分なりの答えを用意しておくのです。

 

 

それをチームの監督なりコーチなりに聞いてみて、

正解であれば、練習で取り入れればいいでしょうし、

仮に自分の答えが間違っていれば、正しい答えを教えてもらって、

練習に励むのです。

 

 

「考える力」を養わせるためには、一流選手のマネから始めるのも、

上手くなるための方法であると、私は考えています。

 

小・中学生は、プロのバッティングフォームを真似することは

おすすめしないので気を付けて下さいね。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ