少年野球で最強の得点パターン


少年野球で最強の得点パターン

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

 

走塁

 

少年野球では、「最強」と言ってもいい得点パターンがあります。

もちろん、そんなデータがどこかにあるのではありませんが、
少年野球の性質や選手のレベルを考えるほど、
得点の確率が高いパターンがあります。

それが、「無死(or一死)ランナー三塁」のシチュエーションにおける、
「ゴロゴー」と言われる作戦です。
ゴロゴーは、ゴロ&ゴーの意で、
内野ゴロの間にランナーが本塁に向かって突撃するというものです。

この方法では、前進守備がされていても、ピッチャーゴロ以外なら、
ほぼ確実に本塁に戻ることが可能です。

似たような作戦にスクイズがありますが、
スクイズと違って本塁までの距離を長く取れること、
そして軟式野球では特にバウンドが大きくなることで時間が稼げるため、
走者が本塁まで到達する時間を稼ぎやすいのです。
そのため、リードを大きく取ることによるリスクも小さくできます。

それでいて、フライのようにスタートを待つ必要がありません。

打球がフライでないことを確認した時点でスタートか帰塁かを判断できる、
そういった単純明快さが集中力を高めてスタートを早くしてくれます。

また、守備側は一塁走者をアウトにできるか本塁を先に仕留めるか
その判断を強いられることになり、間違えば失点した上に、
仕留めることができるはずの走者を生かすことになるプレッシャーがあります。

そのため、攻撃側が非常に有利になる作戦なのです。

 

バッティング

 

ゴロゴーは理屈は簡単ですが、実践するには練習が必要です。

まずバッターが、「叩きつける」ことで打球の滞空時間を稼ぐ必要があります。
三振はもちろんダメですし、またできれば内野の深いところまで打てるよう、
打球の方向にも気を遣います。

走者も、作戦を理解して判断を早くし、
0.1秒でも本塁到達を早くしなくてはなりません。
普通の内野ゴロを見届けて走るようにではなく、
稲妻のように判断してスタートを切ってこそ堅守のチームにも通用します。

また、スライディングなどの練習も必要となるでしょう。

 

ゴロゴーが上手にできれば、ノーヒットでも得点を取れます。
投手の制球力や、野手の守備力に波のある少年野球なら尚更です。
ゴロゴー作戦は弱者の戦術という面もあり、打者の打力によらず、
どうしても欲しい一点を確実にもぎ取るための手段です。

本当に強いチームは、一点を争う状況も想定して練習を行っているもの。

また、チームとしての得点力を磨くために、
こうした状況を作ることを意識することも有効です。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ