少年野球のバッティング練習とは


少年野球のバッティングの効果的な練習方法とは

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

コーチの名和です。

 

強打者

 

バッティング練習で上達する為には
とにかく練習!!とにかく振り込む。

というと「当たり前」といわれそうですね。
しかし、それ以外に方法はありません。
何もしないで上手くなる人なんていません。

ですが、同じ練習時間、同じ回数でも
差がつく練習方法というのはあります。

バッティング練習とは大きく分けると

1、バッティングフォームを良くする
2、スイングスピードを早くする
3、ボールを捉える感覚をつかむ

の3つです。

少年野球で一番練習してもらいたいとは
2のスイングスピードを早くする
ということです。

少年野球のときは
とにかく思いっきりバットを振ってください。

スイングスピードが早く
バットをしっかり振れている選手
というのは少年野球に限らず
野球選手として、とても魅力のある選手です。

ボールを捉える感覚は
打ち込むことでしだいにみにつきます。

そして、いくらバッティングフォームが綺麗であっても
ボールに当てに行っていたり
振り切れていない選手というのは
見ていて面白くない魅力のない選手となってしまいます。

打席

監督やコーチが練習を見ていて
「試合でつかってみたい」
と思われるような選手は
当たらなくても思い切り振れている選手

スイングスピードが早く
バットを軽々と振っている選手です。

少年野球のバッティング練習では
とにかく振ることです。
思いっきり振りぬくことです。

素振り10回で汗がダラダラ出るぐらい
思いっきり振るということが大事になります。

タイヤ打ち

もう1つ大事なことがあります。
バッティング練習には、いろいろあります。
フリーバッティング、ティーバッティング、
などあります。

どのバッティング練習でも、
初球、第1球目を思いっきり振る
ということです。

試合では「もぉいっちょ」
なんてありませんよね。

初球からフルスイングできるということは
とても大事なことです。

これこそが少年野球での
バッティング練習において
大切にしてほしいことです。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ