狙った方向に飛ばすバッティング


狙った方向に飛ばすバッティング

 

バッティング

 

バッティングにおいて重要なことのひとつが「方向」です。

ヒットでもアウトでも、この方向は非常に大事で、
それによって自分や味方走者の運命が変わります。
当然、方向が良ければヒットも打ちやすいです。

そのため、できる限り狙った方向に打てるように、
日頃から練習しておくことが大切です。

 

バッティング指導

 

狙った方向に飛ばすためには、まず「狙うこと」です。
狙いを定めずに何度バットを振っても練習になりません。

この「狙う」ことが習慣化されていないと、
ただ当てるバッティングになってしまいます。

バッティングセンターなどで練習をする時、
速いボールが相手だと、当てることや、
力負けせずに打ち返すことが目標になりがちです。

でも、そういうバッティングをしてはいけません。

これは精神的に追い込まれれていることで、
頭が動かなくなっているということです。

普段なら、どこに打とうか考えて、それに合わせて、
タイミングやスイングを調節しているはずです。

それが考えられない時点で普通ではないですから、
期待しているような活躍はできません。

だから、「狙う」ことを必ず習慣化してください。

 

少年野球バッティング

 

次は、引っ張るのか、流すのかを考えます。

相手のボールの速さやランナーの状況、守備陣形、
自分の調子などを考えながら考えましょう。

できれば打席に立つ前に考えておけると良いです。

引っ張った方が長打は出やすいですが、
一方で速いタイミングでミートが必要なので、
ボールの見極めが難しくなります。

流す場合はボールを見れる時間が長くなりますが、
一方で力負けしやすく、強い当たりは出にくいです。

自分のパワーなども考慮した上で、
どんな打球を飛ばしたいかまで方向と共に考えましょう。

これが決まると、打席の足のスタンスも変わります。
カッコつけて同じスタンスで構える必要はありません。
まずは狙った方向に打ちやすいスタンスで構えましょう。
方向をつける上で大事なポイントが手首です。

手首で最後に押し込むのか、それとも抜くのか、
これによって方向を微調整することになります。

あまり強くバットを握ってしまうと、
この微調整がしにくくなりますので気をつけてください。

手首が弱いと、ボールの勢いに負けてしまって、
思うように打球の方向が調整できません。

手首は鍛えておいて損が無い部分ですので、
意識して鍛えておきましょう。
ただ、痛めてしまうと影響も大きいので気をつけましょう。
野球は相手がいることですから、
百発百中で狙ったところに打てるわけではありません。

それでも、狙ったほうが確率は高まりますし、
狙って打てるのがバッティングの技術です。

打ちたいところに打てるというのは、
ある意味ではホームランを打つより難しい技術です。

練習なしにできることではありませんから、
いつも方向を考えながらバッティング練習をしましょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ