素人でも野球はできる!


素人でも野球はできる!

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

試合中

 

「素人がプロ野球選手に勝った!」というお話は

漫画の世界だけしか成し得ないことなのでしょうか?

 

野球=メンタルスポーツです。

 

例えばピッチャーがどういった球を投げてくるのか?

キャッチャーのサインやその時の打者によって決まりますが

そこで点差や塁の状況によっても変わってくるでしょうし

「逆転サヨナラホームラン」なんてメンタルに打ち勝ったようなものです。

ではそこで、素人でも野球経験者に勝つことが出来るのか?

というと可能性はないとは言い切れません。

 

 

野球には「鍛える」という以外にも「柔軟性」が必要です。

素人でも1週間練習をするだけでかなり上達する人もいれば

バットを握ったことがない人でもホームランを打つことはできます。

 

「だったら練習している意味がないじゃないか」

そう思われてしまうかもしれませんね。

 

でも決してそうじゃありません。

毎日練習している人は素人よりも野球の上達が早いですし

素人よりもかなり上手いです。

 

そこにあるのは「鍛え方の違い」です。

 

1日で上手くなろうとする人と

1年をかけて上手くなろうとする人では

練習方法も違えば上達の仕方も違います。

 

ポジション別に上手くなろうと思えばそれなりの練習が必要。

「素人がキャッチャーをできる」ということではないのです。

 

では素人で野球を上手くなる方法はどういった鍛え方が必要だと思いますか?

それはもうポジションや技術関係なく「基礎練習」です。

少年野球練習風景

 

「体力をつける」当たり前です。

「ボールについていけるようになる」当たり前です。

1日中グラウンドを走っているだけでもその人にとっては

最善の練習なのかもしれません。

 

プロ野球選手のものまねをされている方は

選手と同じように剛速球を打つことが出来るのか?

答えは「できません」

マネはできても自分の能力は上がっていないということです。

打撃練習

 

素人でも野球はできます。

全く知識や経験がなくても

「打とうと思って打つのではなく投げようと思って投げるのではない」

素人なりに精いっぱい野球を楽しむ自分の能力をあげれば

どんどん上達して人よりすごい能力が見つかるかもしれません。

 

 

できれば「素人」という言葉は使わないでほしい。

誰でもやろうと思えばできるのだから

野球に素人もプロもない。

 

鍛え方を間違えなければ人はどんなことでもチャレンジできます。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ