どうしてピッチャーは走り込みが必要なの?


どうしてピッチャーは走り込みが必要なの?

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

 

少年野球ピッチャー

 

一人でバッティングを上達する為にはあなたはどうしますか?
素振り、またはバッティングセンターに行く。
といったように、場所をあまり気にせず一人打てますよね。

 

しかしピッチングになると、まず場所がいります。
そして受けてくれる相手キャッチャーもほしいですよね。
相手もいない、場所もないとなると
シャドウピッチング、走り込みしか練習がなくなります。

少年野球ピッチャー

 

なので、上達するのが遅いと思いがちです。

 

まずは考え方を変えましょう。
バッティングはボールにバットをぶつけることです。
体への影響は少ししかありませんよね。変に手首をひねる
ということぐらいではないですか?
体力さえあればいくらでも振ることができます。

 

ですが、ピッチングはボールを道具は使わずに
腕、体で投げるのです。
よく肘が痛い、肩が痛いと、故障することがありますよね。
故障となると野球すらできません。嫌ですよね。

 

肘や肩は消耗品だと思ってください。
休ますことも練習の内ということです。

 

肩や肘を休ます練習をしている間に、走り込みをしていると考えてください。
走り込むだけで、2つもの練習ができてしまいます。
ピッチャーにとってすごくお得ですね。

さらに・・・

走り込むと土台である下半身を鍛えることができます。
下半身が強くなると安定したフォームができ、コントロールがよくなります。
また、下半身が強いと地面を蹴りが強くなり
ふんばることもでき、さらに上半身へ力を逃がすことなく伝えることができるので
ボールのスピードも速くなります。

まだあります。

 

ピッチング練習

 

走り込むということは、体力、精神力がつきます。
先発をして完投する。これには9回、少年野球では7回投げぬく体力がいります。
真夏マウンドでは50℃を超える気温があると言われていますが、
体力、精神力がなければ投げることはできないでしょう。

 

このように走り込みには

  1. 肩、肘を休ます
  2. コントロールを良くする
  3. 速いボールを投げる
  4. 体力、精神力を付ける

と、多くの成果を得ることができます。
いつでもできるので毎日しましょう。

毎日同じことはおもしろくないと思います。
今日はマラソン、今日はダッシュというふうに変えても構いません。
とにかく走りましょう。

 

ピッチャー

 

たまにはお父さんお母さんも自転車でついていくのもいいですね。
家族でいい汗をながせますよ。

 

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ