少年野球選手にとっての速い球、速く感じる球


少年野球選手にとっての速い球、速く感じる球

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

バッターボックス

 

ピッチャーをしているあなた。速い球を投げたいと思いませんか?

今メジャーリーグでは170キロのスピードボールを投げる選手もいます。

速すぎますね。バケモノです。

 

こんな速い球一度でいいから投げてみたいものです。

しかしピッチャーをしているのであれば

速ければいいというのではありません。

 

速いことにこしたことはないのです。

しかし実際には、速いだけだと試合で確実に打たれます。

 

打たれないためには、コントロールや配球などの要素もありますが

『速さ』という事に関して言えば

「バッターがみて速く見える球、速く感じる球」という事でしょう。

ピッチャー

 

よく聞く言葉があります。

・伸びのあるボール

・キレのいいボール

・ホップしている、浮いているボール

いいピッチャーは特にこの言葉を言ってくれることが多いです。

 

このようなボールは、スピードガンでは120キロと表示されていても

バッターが感じているのは130キロ140キロのボールだと思うのです。

 

少年野球ピッチャー

ではどのようにしたら、このようなボールが投げられるのでしょうか。

ピッチングフォームでは・・・

ボールを長く持つこと

言い換えればリリースポイントが前であるということです。

 

これは単純にピッチャーからバッターまでの距離を

少しでも短くすると考えてください。

距離が短くなれば同じ速さでも速く感じますね。

 

ボールに関しては・・・ボールの回転数が多いということです。

フォークボールというのがありますね。無回転で落ちる球です。

 

これは、回転していないから落ちるのです。

逆に回転が多ければ多いほど落ちないという事です。

 

ピッチング練習

 

回転数を多くするにはスナップを効かして投げます。

野手と一緒ですね。野手も低く速く投げますよね。

 

このようにリリースポイントが前で

スナップを効かして回転数の多いボールを投げると

伸びのある速く感じるボールが投げることができます。

 

このボールをコントロールよくするためにも

正しいフォームや上半身下半身のバランスが大事になってきます。

 

やはり基本が大事になってきます。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ