ピッチャーはテイクバックを見直そう


ピッチャーはテイクバックを見直そう

少年野球ピッチャー

良いピッチャーを見分けることはなかなか難しいです。

球速やコントロールはわかりやすい基準ですが、
試合になるとどちらも劣る選手の方が勝率が高かったり、
または防御率が低いという場合もあります。

理由は様々だと思いますが、
見えにくい要素として「テイクバック」も絡んでいます。

少年野球ピッチャー

「テイクバック」というのは投球動作で言えば、
投げる前に腕を後ろ(二塁側)に引く動作です。

このテイクバックは強いボールを投げるための動作ですが、
大きければ良いというわけではありません。

ピッチャーによってテイクバックの取り方には違いがあり、
それがボールの質にも影響を与えています。

テイクバックを小さくすることによって、
球速やコントロールが上がる場合もありますし、
逆に球速が下がったりコントロールが悪くなることもあります。

そしてテイクバックで注意しなくてはならないのは、
テイクバックはバッターからすると、
タイミングのとり方に影響するということです。

バッティングセンターでボールが来るとわかっている時と、
いつボールが来るかわからない時は、
打てる、打てないがまるで違ってくると思います。

いつ投げられるかわからないボールは、
ボールを「速く見せる」と共にバッターに緊張を強います。

一言で言って嫌なボールになるのです。

レベルの高い野球になれば、
テイクバック中から投手の握りを見る打者もいます。

投球フォームを変えて、スピードやコントロールを得ても、
実は「打ちやすくなっている」こともあるため、
注意しなくてはならないのです。

また、テイクバックが大きくなれば当然ながら、
投球までの時間がわずかに長くなりますから、
盗塁される危険性も高まります。

リード

ピッチャーは速い球を投げたくなるものです。

しかし、速い球を追求してテイクバックを変えた結果、
より打ち込まれたり失点が増える場合もあります。

思うような結果にならない時には、
テイクバックのとり方を見直してみると良いでしょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ