少年野球のセンター返し練習方法


少年野球のセンター返し練習方法

バッティング

バッティングの基本といわれるセンター返しですが、
これはどのように練習したら良いのでしょうか。
まず、どうしてセンター返しが基本なのかですが、
センターに向かう打球が最もヒットになりやすいからです。

ホームからセンターまでの間には、
通常の守備位置なら投手しかいません。
そして、投手は投球モーションの後であり、
また距離も近いために打球への反応が遅れます。

二遊間は投手がいることを多少アテにして、
他の塁間よりも広く空きやすいために、
そのためにヒットとなるスペースが広くなるのです。

これがセンター返しを狙う理由です。
センター返しは完全にまっすぐではなく、
投手から少しずらして打つことや、
投手の反応を遅らせるために叩きつけることも必要です。

きれいなセンターを考えず、センター方向と考えて、
レベルスイングからややダウンスイングを意識しましょう。

ティーバッティング
センター返しを上手にするための練習として、
イスに座った状態でトスバッティングをしてみましょう。

イスに座った状態だと、基本的に足や腰の回転は使えず、
肩の周辺だけでバッティングをすることになります。
腕を大きく振り切ることもできません。

この時、最も打球をミートした感じが出るのが、
バットがまっすぐセンター方向に向いた時で、
体のやや前にミートポイントができた時です。

センター返しの感覚をつかみたいなら、
この感覚を覚えることが大切です。

振り切ったり、ミートポイントが後ろにずれると、
打球は右に左に流れていきます。

まっすぐセンター方向に打球を飛ばすには、
前方向にしっかり力を伝えるミートが大事で、
この練習はそれを促す練習です。
ただし、イスに座ってのバッティングは不自然です。

そのため、こればかりをやっていると、
いざ立ってバットを振った際には体の回転によって、
打球が思った方向に飛ばないこともあります。

最初からフルスイングをするのではなく、
少しずつ体の回転やフォロースルーを入れて、
感覚を調整するようにしてください。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ