少年野球のバッティングを鋭くする練習方法


少年野球のバッティングを鋭くする練習方法

少年野球バッティング

少年野球のバッティングの練習方法は様々です。

そして、その練習方法には目的があります。

ですから、練習をする際には目的を持って、
必要な課題を解決する練習をするべきです。

今回は鋭いバッティングをするための練習方法です。

鋭いバッティングは、スイングが速く、
そして動きの中にムダがないものです。

当然、そのように振られたバットから出る打球は、
快音と共に爽快なスピードで飛んでいきます。

そんなバッティングをするためには、
「集中力」と「瞬発力」が必要です。

集中力というのは、ボールをしっかり見て、
タイミングを合わせてミートするのに必要です。

瞬発力は、瞬間的に力を発揮するための力です。

これを鍛えるための練習が、
「野球のボールでないものを打つ」練習です。

バッティング指導

たとえばバドミントンの羽があります。

バドミントンの羽は、落下の際に速度が落ち、
一定ではない速度で落下してきます。

また、羽はまあまあ大きいように見えても、
先端の部分以外は当たっても飛びません。

バドミントンの羽を高く投げてもらい、
落下する羽に対してバットを振ってみましょう。

思ったより当たらず、当たっても飛ばないはずです。

ミートのポイントとタイミングを見つける集中力と、
確実に狙ったところに当てる瞬発力、
その両方が要求されますので、
鋭いバッティングを目指すなら効果的な練習になります。

これなら自宅の庭や駐車場でやっても、
さほど迷惑になることもありません。

また、卓球の球やスーパーボールなど、
的が小さいものを打ってみるのも良いでしょう。

しっかりミートできるようになれば
かなりスイングは鋭くなっていくはずです。

ティーバッティング

落ち葉を斬ったりパンチしたりする少年マンガも多いですが、
瞬間を捉えるということは実際のスポーツでも重要です。

さすがに落ち葉は都合よく落ちてくれませんので、
ハンカチやハンドタオルを投げてスイングしてみましょう。

修行をするヒーローになった気分で、
ぜひチャレンジしてみてください。

楽しくバッティングの能力も向上していきますよ。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ