打席ではピッチャーを良く見よう


打席ではピッチャーを良く見よう

バッターボックス

今日はバッティングについてのコツをひとつ紹介します。

それは打席に立ったら、ピッチャーをよく見ることです。

もうひとつ加えるなら、早めに構えることです。
バッティングで難しいことのひとつにタイミングがあります。
タイミングをいかに合わせるかがバッティングの極意です。

そのタイミングはどうやって合わせるかといえば、
まずはピッチャーの観察から始まります。

バッティングセンターでも、一度スイングした後、
家族や友達とおしゃべりしていたら急にボールが来て、
タイミングが合わずに空振りするということは、
大人でも珍しくないことです。

逆に、速い球だとしてもいつボールが来るかわかるなら、
しっかりと弾き返すことができるものです。

来た球に反応してバットを出すようにするなら、
ほとんどの場合、バットが追いつくことはできません。

相手のピッチャーがボールを投げるその瞬間に、
いかに集中力を高め、バットを振れる状態を作るか、
それがバッティングでは大切です。

そのために、ピッチャーをしっかり見るのです。

バッターボックス

見るときには、ピッチャーの踏み込みと、
腕の振りに特に注目しましょう。

踏み込む前に投げるピッチャーはいませんから、
踏み込んだ時にはバッターはいつでもバットを出せるよう
構えておく必要があります。

そして腕を振る角度やボールを放すタイミングを見て、
ボールのコースやスピードを予測し、
バットスイングのタイミングを合わせていきます。

予測と違えば仕切り直しです。
合わない場合は無理に振ることはありません。

打席
早めに構えるべきなのは、手元を意識するのでなく、
ピッチャーを意識するためです。

手元の感覚を確認しているうちに、
ピッチャーがモーションに入ることがあると、
焦って選球ができずバットが出てしまいがちです。

気になることがあればタイムを取って打席を外し、
整えてからバッターボックスに立ちましょう。
バッターはスイングスピードも大事ですが、
タイミングを合わせることがより大事です。

タイミングは「合わせる」ものです。
自分のタイミングを考えるのではなく、
相手のタイミングをよく考えて、
そこに自分のリズムを合わせるようにしましょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ