野球ママたちの軟式少年野球


野球ママたちの軟式少年野球

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

ウォーミングアップ

野球少年といえば軟式少年野球をひたすら頑張っている

子供たちですが、最近は野球ママたちもずいぶん増えたと思います。

 

 

大好きな野球をしたかったけど、女性だからということで

十分に出来なかったという人もいるでしょうし、

また野球はしたことがなかったけど、

子供たちを通して野球が大好きになったという方もいます。

 

 

いずれにしても、野球ママたちの軟式少年野球に対する

熱意は並々ならぬものがあり、選手顔負けの方もいらっしゃいます。

 

 

子供の野球関係のスケジュールを子供よりも知り尽くし、

さらにママさんネットワークを駆使して子供たちの情報を集め、

子供たちの道具の準備やコンディション調整のための

食事作りに余念がなく、練習や試合の際にはかなりの

確率で駆けつけます。

 

試合ともなれば、我がことのように応援席で喜怒哀楽を表します。
そして選手やチームのために

少しでも良い記録を残そうと写真やビデオを撮ります。

 

 

勉強熱心で、野球教室で個人指導をしていても、

道具を買いに行っても、子供より質問が多いということも

珍しくありません。

 

 

そんな野球ママたちにとっては、

軟式少年野球はある意味「夢」でもあります。

野球ママたちは少年野球を通して「子供と一緒に何かを成したい」

と思っているのです。

 

IMG_2114

 

 

それがたとえば、人がうらやむような栄光ではなかったとしても、

一生懸命打ち込むことによって親子の絆を深め、

また自身の生活にハリを持たせたいと願っています。

 

直接自分がグラウンドに立てないからこそ、

難しく、やりがいもあるのです。
そして、子供たちが活躍した時に感じる

達成感は自分で行う以上のものを感じます。
そういう意味では監督やコーチと何ら違いはありません。

 

IMG_2126

 

 

野球ママたちの軟式少年野球は、

子供が野球をしている限り終わりません。
子供が気付いていなくても、二人三脚でいつも一緒に走っています。

 

紫外線を気にしながらも現場に足を運んでくれる野球ママたちも、

白球に夢を託す少年野球の隠れた主役たちなのです。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ