キャプテン選びで大切なこと


キャプテン選びで大切なこと

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

キャプテンになる子は、周りの子たちに信頼され、
認められていることが大切です。

 

DSC 6575

 

その一方で指導者は、
「キャプテンの性格を把握すること」が重要となります。

とくに注意しなければならないのは、
「子どもたちには子どもたちの世界がある」
ということです。

子どもたちは、指導者にモノをいうこともあるでしょうが、
それがすべて本当の顔であるとは限りません。
裏を返せば、「大人の前では絶対にみせない顔がある」
ともいえるのです。

 

DSC 6566

 

指導者の前、友達といるとき、家族といるとき、
学校生活ではどうなのか……
あげたらキリがありませんが、それぞれ違った顔を
みせたっておかしなことではありません。

これは決してよいとか悪いとか、そういうことではなく、
大人であれ、子どもであれ、人はすべてそのような面が
あるということです。

それではどうやって、その子の性格を把握すればよいでしょう?
それは周囲の子たちにたずねてみることです。
こういうと、「なんだ、そんなことか」と
思いの人もいらっしゃるかもしれません。

けれども隠れた一面を知るには、情報を収集し、
そこから指導者が分析してみることは大切なのです。

 

DSC 6627

 

あるとき、スクールで選手のお父さんから相談されました。

新チームになってキャプテンを選出するにあたり、
仮にAくんとしておきますが、Aくんは人間的にすばらしいと思い、
指導者は彼をキャプテンに選出しようと考えていたというのです。

ところが、周りの子に聞いてみたり、注意深くみていると、
表面上はおだやかそうにみえていたものの、
実はとても神経質な一面をもっていたというのです。

具体的なことはここでは省略しますが、繊細さを通り越して
神経質な一面をもった子というのは、チームをまとめるよりも
和を乱す元になることもあります。

そこで監督やコーチがあれこれ相談した結果、
A君をキャプテンにすることをやめて、
おおらかな性格で人望もあったB君をキャプテンにしたそうです。

このようなことにも目を向けないと、よい指導者にはなれません。
一部の子から聞いた話だけを信じるのもよくありませんし、
ネガティブな話を聞いたら、「本当なのかな?」と
指導者が見聞きして、分析していくことも重要です。

キャプテンを決めるということは、
その年のチーム構成を決めていくのと同等の意味をもちます。

ですから、指導者は常に一人ひとりの子どもたちの性格や
人格などを把握しておく必要があるのです。
 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ