スポ少の野球道具問題


スポ少の野球道具問題

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

少年野球

 

少年野球の活動をしている団体には、連盟所属のクラブチームや、
スポーツ少年団など様々なものがあります。

スポーツ少年団、通称スポ少は、地域の学童期の子供たちが、
スポーツを中心にした活動をしている団体です。
種目は野球だけに限らず、複数の競技をしていることもあります。

そういったスポーツ少年団は、地域によって支えられ、
また財政面において不安定なことも多く、
野球道具が不足している場合もあります。

道具が充実するだけでも練習環境が良くなりますから、
うまく工面してあげたいと思う方も多いと思います。
スポーツ少年団は、団体を作って登録するだけなら、
ほとんど費用はかかりません。
年間でも1000円くらいです。

ただし、スポーツ保険などに入ることが多いので、
そのための費用がまたかかってきます。

月謝などを集めて練習していることだと思いますし、
また必要に応じて集金していると思いますので、
保護者の方々も経済的な支援が大変だという話は多いです。

野球は必要となる道具も多く、ボールなどは消耗品なので、
とにかく道具にはお金がかかります。

軽くスポーツをする環境が欲しいだけだったのに、
思ったよりもお金がかかると感じる方も多いのです。

 

ティーバッティング

 

野球道具を工面するためには先立つものが必要ですが、
消耗品のボールなどはネットオークションなどで、
中古品を買えばかなり安く手に入ります。

また、練習用の機材は、ちょっと頑張れば、
すぐにDIYでも作成することができたりします。

グラブやバットは、個人で持つことが望ましいですが、
チームで少しずつ購入し、チーム用を増やすことで、
初心者も練習に加入しやすくなっていきます。

また、バットなどは成長に合わせて、
手になじむ長さなどが変わっていく性質のものです。
卒業する子などがいる場合には、
積極的に譲ってもらえるようにすると良いでしょう。

道具がある程度そろっているチームは、
やはり練習環境も良くなり、強くなります。

個人の道具を充実させることも大事ですが、
チームの道具を充実させることができるように、
できる範囲で譲り合ったり知恵を出し合いましょう。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ