チームバッティングってどういう意味?

Pocket

チームバッティングってどういう意味?

少年野球バッティング

少年野球選手にとって理解が難しいことのひとつが、
「チームバッティング」という概念です。

チームバッティングというのは、
「チームのためになるバッティング」なのですが、
これをあえて強調されると困ってしまうのです。
バッティングというのは基本的に個人戦です。

ヒットを打てばヒットになりますから、
走者を気にして窮屈にバッティングをするよりも、
伸び伸び打たせた方が良い結果になることも多いです。

ちゃんとヒット性の当たりを出してしまえば、
走者がどこまで進めるかは走者の責任でもあります。

そう考えてしまえば、チームバッティングは、
別に意識する必要は無いのではないかと考えてしまいます。

バッティング
チームバッティングが難しいのは、
指導者もチームバッティングをよくわからないためです。

ランナーが一塁にいる時に、
ライト方向へ打つことがチームバッティングだと言います。

これは、ゲッツーの確率をできるだけ減らすためであり、
また先に出塁した走者がアウトになる確率を下げるためです。

三塁側に打球が飛んだ場合、一塁に投げるよりも、
二塁に投げる方が距離が近くなりますので、
まず送球の第一選択股は二塁になります。

そのため、ライト方向に打つと、レフト方向に打った場合より、
打者本人がアウトになる確率が高まることになります。

自分をおとりに先のランナーを残すバッティング、
それがチームバッティングと思われています。

これは違います。

少年野球バント
チームバッティングとは、チームの打線を意識して、
それぞれが適切な働きをすることです。

長打を期待されている人は長打がチームバッティング、
足の速い子はセーフティバントもチームバッティングです。
とにかく粘って球数を稼いだり、
技術のある子は進塁打を意識するなど、
様々なチームバッティングの形があります。

チームバッティングをする前には、
打線全体で、得点するイメージを共有している必要があり、
そのパターンに向かって各自が役割を果たしていきます。

監督がそういったイメージを伝えることなく、
「チームバッティングをしろ」と言うのは無理があります。

「犠牲になってでもつなげろ」と言われて、
やる気が出るような人は普通はいません。

チームバッティングができれば、たとえアウトでも、
チームの士気は高まっていきます。

ただの自己犠牲は、チームの士気が下がります。
チームバッティングは技術や方法論ではなく、
戦術から出てくるものです。

技術を磨くことは戦術を遂行するために必要ですが、
何のためにそのように打つのかをちゃんと教えないと、
間違ったチームバッティングになってしまいます。

形だけでなく、意図を正しく伝えましょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ