バットは思い切り振れ


バットは思い切り振れ

バットスイング

少年野球選手のバッティングを見ていると、
なかなか思い切り触れる子が少ないなぁと思います。

本当にいいバッターになりたいと思ったら、
何をおいても「バットを思い切り振る」ことが必要です。

バットを思い切り振ることによって、
打球にパワーが乗り、飛距離も伸びます。

それだけではなく、思い切り振ると、
体が動きやすいように動いてくれるため、
フォームにムダが減り、
体の力がスムーズにバットやボールに伝わります。

だから、良いバッティングのためには、
まず思い切り振ることが大事なのです。

素振りをしてみたらわかりますが、
力を抜いてゆっくりスイングをするなら、
バットの高さも軌道もぐらつきます。

ある程度以上の力で振り抜いてこそ、
フォームも安定してバットも上手く回るのです。

フルスイング

しかし「思い切り振れ」と言われても、
思い切り振ったことがないと上手に振れません。

「思い切り振れ!」と指示されると、
力を入れてバットを振る人がほとんどです。

「思い切りの良いバッティング」というのは、
決して力を入れたバッティングではありません。

わかりやすく言えば、迷いのないバッティングです。

練習で思い切りバットを振れと言われたら、
それは力のことではなく、考えの方だと思ってください。

「こういうスイングしたら怒られるかな?」

「このコースは苦手だな。」

「自分は打てるのかな?」

「とりあえず当てにいこう」

こういう雑念がある時は大体ダメです。

スイングもどこか中途半端で迫力がありません。

空振りしても三振しても良いから、
何か期待させるようなスイングをしましょう。

少年野球スイング

「思い切り振れ」というのは、
「らしさ」を出すことであり、
難しいことを考えずにスイングに集中することです。

バットを振る前に考えることは考えて、
バットを振る時は振ることに集中しましょう。

これがわかっている人ほど、
打席に立つ前からバッティングについて考えています。

スイングのパワーが問題ではなく、考えが大事なのです。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ