バットを振っても当たらないなら


バットを振っても当たらないなら

空振り

バットを振っても当たらないということが、
少年野球を始めたばかりの頃には良くあります。

バットを振って当たらないときには、
次のようなことを試してみましょう。

まず、最初にするべきは、
ボールを大きくしてみることです。

子供用のちょっと大きめのゴムボールでも、
ビーチボールでも良いですから、
それを投げてもらって当てるところから
始めてみると良いでしょう。

もしも、大きなボールでも当たらないようなら、
それはバットコントロールではなく、
スイングスピードやタイミングの問題です。

大きなボールでは当たるのに、
小さい野球のボールでは当たらないなら、
それはバットコントロールの問題になります。

練習というよりも、診断のための練習ですので、
たくさんやるよりも、時々行うのが良いでしょう。

ティーバッティング

自分の問題がわかったら、それを改善しましょう。

バットコントロールの練習は、
ティーバッティングが一番です。

バッティングティーに置いたボールを打つ練習は、
簡単そうでも最初は難しいです。

思った通りにあたり、気持ちよく打球が飛ぶには、
それなりに練習をする必要があります。

慣れてきたら、高さを変えたり、位置を変えて、
いろんな所にバットを出す練習をしてください。

バッティングティーは販売しているところも多いので、
スポーツ用品店を覗いてみると良いでしょう。

バッティング指導

スイングスピードを上げたい場合は、
まずは基本の素振りをしっかり行うことです。

素振りをするにも、いろんなコースを想定し、
自然にバットが出ていくように練習しましょう。

素振りは回数も大事ではありますが、
スピードを意識するなら質が大事ですので、
一回一回魂を込めて振るようにしてください。

慣れていないうちは、長いバットや重いバットは、
体を傷める原因になりますので、
自分の体にあったバットで素振りをしてください。

バットを振っても当たらない人は、
まずはこういったところを意識して練習しましょう。

きっとバットに当たるようになり、
バッティングが楽しくなってくるはずです。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ