中学野球と変化球


中学野球と変化球

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

少年野球ピッチャー

 

少年野球も中学生になると、変化球が使用可能になります。
これは投手にも打者にも大きな影響を与える要素です。

打者からすると、変化球への対応は苦心するところで、
相手の配球をより考える必要が出てくる他、
ボールをしっかり見る選球眼が大事になります。

体の発育上も、球速も大きく上がってくる時期で、
一方で動体視力はそれほど伸びず、
ボールが早く見えてくる時期だけに、
さらに変化球が加わると対処は難しくなります。

中学野球における変化球対策の基本は、
スイングスピードを上げることと、
バッティングのタイミングをコントロールすること、
この二点と言っても良いでしょう。

スイングスピードが上がれば見る余裕が生まれますし、
タイミングをコントロールすることによって、
緩い変化球に対しても対応力がついていきます。

 

バッターボックス

 

一方の投手としては、変化球が投げられることは、
非常に嬉しいことであることが多いです。

特に、直球に自信がない投手にとっては、
カウントをコントロールする有効な手段です。

しかしながら、中学生というのは、
体の発育段階でもあり、その時点での変化球は、
まだまだ体に良くないということは知っておくべきです。

今は変化球の握りやコツなど、情報があふれていて、
やろうと思えば、10種類ほど投げられる子もいるそうです。

変化球を投げるのが趣味なら止めませんが、
変化球を投げる目的は、「打たれないため」です。

たとえ様々に曲がったとしても、
それがカウントを作ることに繋がらない、
コントロールが悪い、
変化が小さくすぐに対応される、
フォームを見てすぐに悟られる、
そういった変化球は全然使えません。

プロでも、投手が実戦で使える球種は多くて4~5種類です。
2~3種類投げられれば充分というところです。

中学生の時期は、変化球の種類の数よりも、
使える変化球をひとつでもしっかり身につけるべきです。

 

ピッチャー

 

投手にオススメの変化球をひとつ挙げるなら、
チェンジアップです。

この球は、回転数が少なくなるために、
ボールの速度が落ち、軌道も山なりになる球です。
スローボールと言われることもあります。
個人のクセなどにより、自然に変化するので、
同じ種類でも個性が見えるボールです。

何が良いかというと、握りを変えるだけで、
腕の振りや肘のひねりなどが不要なため、
体にかかる負担が小さいのです。

また、緩急をコントロールするためにも使えるので、
相手のタイミングをずらすために有効です。

チェンジアップが良い理由は、これが使えると、
他の球種を覚えたときにその威力が倍増します。

何を身につけたら良いか悩んだら、
まずはチェンジアップを覚えてみると良いでしょう。
強いチームは変化球への対応が良く、
また上手に変化球を利用しています。

中学野球を見る際には、こうした変化球を意識すると、
また違った見方ができて面白いですよ。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ