中学野球の全国大会はどこで行う?


中学野球の全国大会はどこで行う?

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

突然ですが、中学野球の全国大会はどこで行っていると思いますか?
高校野球であれば、もちろん甲子園球場ですよね。

グラウンド

 

軟式少年野球の全国大会である全日本少年軟式野球大会であれば、
会場は神奈川県の横浜スタジアムとなります。

あの横浜DeNAベイスターズの本拠地ですね。

 

そして、中学硬式野球の全国大会では、
ジャイアンツカップにおいて会場は東京ドームとなります。

もちろん読売ジャイアンツの本拠地です。

ホークスカップなら会場はヤフオクドームになりますし、

CHIBA LOTTE MARINES CUPでは千葉マリンスタジアムです。

その他にも、球団名が冠されている大会であれば、
その球団のホームグラウンドで試合をすることができます。

 

中学野球の全国大会である全中こと全国中学校野球大会では、
毎年の開催地域の中で球場が決定されます。

その地域で、プロ野球の地方開催などに利用される
球場が使われるようになっています。

 

プロと同じ球場で野球の試合ができる、
というのは野球少年たちにとっては夢のような話であり、
そこにスタッフとして立つことができるなら、
それは大人たちにとっても滅多にない思い出となることでしょう。

そうでなくとも、しっかり整備されたグラウンドは
野球選手としての自覚と闘志を高めてくれます。

 

SONY DSC

 

もちろん、そういった夢舞台に立つのは通過点であり、
勝ち上がって全国優勝を狙いたいという思いで
中学野球に励んでいる子たちも多いことでしょう。

そういう場で活躍する我が子を一目見たい
という親御さんたちも多いと思います。

 

甲子園球場は高校野球の聖地として知られていますが、
少年野球でもプロ球団の本拠地が使われているということは
それほど知られていません。

知っていればモチベーションが高まること間違いなし
だと思うのですけどね。

 

ちなみに、レベルで言えば中学硬式が最も高く、
次に少年野球、そして部活動の軟式野球
というのが現在の流れとなっています。

知っていると進路や所属チームを考える上で役に立ちます。

まあ、ほとんどの子は野球を伸び伸び楽しめれば
それでいいのですけどね。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ