力負けしない少年野球のバッティング


速球投手に力で負けない少年野球のバッティング

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

少年野球

少年野球にも、小学生なりに

「とても速いストレート」

を投げるピッチャーがいるものです。

 

そして、そのストレートに対して
当たってもボテボテの打球しか飛ばせない。

 

「ああ、力負けしちゃってるなぁ」

と感じるバッティングです。

 

そんなピッチャーが
味方のチームにいればまだいいのですが
そうでなければ

「速くて力強い球」

に慣れていない分
試合で苦戦することになります。

 

「ピッチングマシンの速い球」

とも、またちょっと違いますからね。

 

フルスイング

 

 

チームの監督やコーチからすると
どんなに速い球を投げる相手が出てきても

「力負けしないバッティング」

ができるよう
普段から子供たちに指導しておきたいものです。

 

そのためには何が必要なんでしょう?

「力負けだから、こっちも力をつければいいんじゃない?」

「そうすれば、スイングも速くなりそうだし」

そう思って、筋トレに励むのは
ちょっと違うような気がします。

 

そもそも、筋トレというのは
やり方を間違えると
ちっとも効果的じゃないことがあります。

 

トレーニング科学が発達した現代では
専門的なジムなどに通えば
効率良く必要な筋肉を鍛えることもできます。

 

ただ、そこまでしなくとも
日々、野球の練習を繰り返していれば
野球に必要な筋肉は強くなっていくものです。

 

少年野球のバッティング練習

 

力負けしないために必要なのは

「コンパクトなスイング」

です。

武道で言うところの

「柔よく剛を制す」

に似たニュアンスですね。

 

速い球というのは、うまく前で

「ミートポイントを合わす」

ことさえできれば
キレイに飛んでくれるものです。

 

バッティングにおける

「力負け」

は、振り遅れによって生まれることが多い。

「速い球だから、こっちも力強く振らなきゃ」

そう意識してしまって
ついつい、大振りになったりします。

 

まずはその意識を捨てるよう
普段の練習から心がけることです。

 

ティーバッティング

もちろん、力強いスイングは必要ですが
その中に

「コンパクトさ」

も必要なのですね。

 

「ミートポイントに最短距離でバットを出す」

そのバッティングの基本が身についていれば
速い球にも対応することができるはずです。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ