女子の少年野球


女子の少年野球

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

快晴のグラウンド

 

少年野球の中でも、女子選手が少しずつ増えてきています。
女子なので、本来は少女野球と言うべきなのでしょうが、
少年野球はもはやカテゴリーなので仕方ないですね。

女子はソフトボールで、男子や野球というイメージはあるものの、
硬式・軟式野球を志す女子は少なくありません。

実際、リトルリーグやボーイズリーグでも、
女子の選手は認められており、
中学校の部活動の総体でも出場は認められています。

小学生のうちは、そこまで身体能力に大きな差はなく、
中学に入ってからも内野手など、技術が重視される位置なら、
充分に戦力になる可能性があります。

今や、女子だけの少年野球チームもあり、
全国大会も催されるようになっているほど活況です。

ですから、希望する子がいるのなら、
野球をさせてあげるのは良いことだと思います。

将来的にソフトボールに転向するにしても、
そのまま野球を続けるにしても良い影響があるでしょう。

 

少年野球グラウンド

 

女子選手の場合には、注意したいのは、やはり環境です。

男女混合チームになる場合は、
特に着替えの場所などに気を遣ってあげる必要があります。

中学の部活動では男子は部室、
女子はトイレやソフトボール部の部室で着替えるなど、
なかなか辛い環境の場合も少なくありません。

小学校の高学年くらいになれば、
女性特有の問題もありますから、
体調管理にも気を遣ってあげなければなりません。

この年代の男子は全然わかっていませんから、
大人が気にして配慮してあげる必要があります。

また、野球指導者は男性が多く、
野球バカでこういう面に無頓着な人も多いので、
お母さんたちの目が大切です。

女子の少年野球選手が増える中で、
女性の指導者不足も問題になっています。

野球経験者だけでなく、マネージャー経験者なども、
こういった場合には非常に力になりますので、
経験のある方は是非チームのため、
少女野球選手のために協力してあげてほしいと思います。

NPBまでではなくとも、独立リーグなどで活躍している
女子選手もいますから、将来にわたって野球を続けられる、
そういう環境もできつつあります。

女子野球選手もこれからドンドン増えるといいですね。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ