少年野球が上手いってどういうこと?


少年野球が上手いってどういうこと?

ベンチで見守る

少年野球を始めたばかりの頃は、
「野球が上手くなりたい」と誰もが思うことです。

しかし、「野球が上手い」とはどういうことでしょうか。

多くの人が考える「野球が上手い」というのはきっと、

ボールが早く遠くまでコントロールよく投げられて、
バッティングでは快音を連発し、
守備ではミスなくキャッチができる、

そういうことを言うのでしょう。

これが正しいことは疑う必要もありません。

少年野球スイング

しかし、野球というのはそれだけでは測れません。

本当に「野球が上手い」選手というのは、
「チームに貢献できる」選手のことを言います。

上記の要素は、チームに貢献できる要素の一部です。
貢献するための要素はもっともっとあるのです。

走塁だけなら誰よりも速く上手い人も野球が上手い人です。

球威は無くても、正確にコースに投げられるなら、
誰よりもバッティングピッチャーとして貢献できます。

全体の守備位置を見ながら的確に指示を出して、
チームを引き締め、鼓舞できるキャプテンシーのある人もいます。

野球の技術そのものがそれほど上手くなくても、
野球が大好きで、その人と一緒に練習すると楽しい。

選手としてはレギュラーではなくても、
練習メニューをよく知っていて上手に教えられる。

これらはみんな「野球が上手い」人です。

少年野球選手

「野球が上手い」をひとつの物差しに入れてしまうと、
その中で互いを比較してしまって辛くなっていきます。

いろんな「野球が上手い」を認め、伸ばし、
多様性のあるチームにしていくことが大切です。

特に監督・コーチはもちろん、周囲の大人たちの言葉は、
小さな子供たちには大きく影響を与えるものです。

練習を見学するときも、いろんな「野球が上手い」を探し、
子供たちにも伝えてあげてください。

互いにリスペクトし合える雰囲気の良いチームを作るには、
野球の上手さについての物差しが重要なのです。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ