少年野球でもケース打撃をしよう


少年野球でもケース打撃をしよう

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

 

バッターボックス

 

少年野球の練習で、ぜひ取り入れてほしいのがケース打撃です。

ケース打撃というのは、ある状況を実際に作って、
その中で行なう打撃練習です。

たとえば、ワンアウト1塁2塁の状況を作っての打撃練習や、
ノーアウト一塁の際の打撃練習です。
もちろん、守備位置にはしっかり入ってもらいます。

こういった環境で練習をすることによって、
実戦的な打撃の思考と技術が身につくようになります。

 

走塁

 

ケース打撃で大事なポイントは、「実際に走者を置く」ことです。

もちろん、人数が少ない場合には透明ランナーもありですし、
走者がいると仮定するだけでも構わないのですが、
やはり実物がいると違います。

何が違うのかというと、野手の守備位置です。
また、打者の進塁させようという気持ちが違ってきます。

そして何より違うのは、走者に生死があることです。

ケース打撃の目的は、走者がいる状況で、
適切な打撃を「選択」して「結果につなげる」ことです。

適切な打撃というのは、失敗した時のリスクも少ないものです。
たとえば、自分は倒れても走者は進むことが可能です。
透明ランナーでは、それが可能かどうかが見えません。

同じ内野ゴロでも、ファーストゴロとセカンドゴロ、サードゴロ、
全部違った結果が待っています。
それを実感し、状況に合わせたバッティングをする、
それが最も大切なことなのです。

バントひとつも、走者が一塁かニ塁かで転がす方向が変わります。
三塁に走者がいるときには、とにかく外野に飛ばすべきです。

全打席がヒットにはできない以上、
どうやったらチームに貢献できるバッティングができるか、
それを体感したり研究する大切な練習です。

また、本当にチャンスに強い子を見極める機会にもなります。

 

少年野球グラウンド

 

時間と人数が必要になりますから、練習効率が悪く、
初心者チームなどでは敬遠される場合もあるようですが、
定期的に時間を割いて行なってほしい練習方法です。

少年野球では野球の基礎を身に着けることが重視されますが、
基礎は技術だけでなく、思考の面も大きいです。

野球IQも練習から高めていきましょう。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


One Response to “少年野球でもケース打撃をしよう”

  1. […] 【関連エントリー】 – 左バッターの「流す」バッティング技術 | Count 23 blog – 右打ちの特徴や攻略法について | Count 23 blog – 少年野球でもケース打撃をしよう | Count 23 blog […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ