少年野球でもスコアブックをつけてみよう


少年野球でもスコアブックをつけてみよう

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

ノート

 

少年野球では、野球を楽しむということが目的ですから、
ついつい試合もやりっぱなしになってしまいがちです。

もし可能な人員がいれば、チーム内の選手でも良いですし、
また保護者の方でも良いので、ぜひスコアをつけてみてください。

野球では専用のスコアブックに試合の内容を記録しますが、
これを見返すことで多くの情報を得られます。
甲子園などでもスコアラーという形での参加があるように、
チームの一員として大事な位置を持っています。
スコアブックを記録するというのは非常に大事なことなのです。

強いチームは必ずと言っていいほどやっています。

スコアブックの書き方は覚える必要がありますが、
「早稲田式」「慶応式」と呼ばれる書き方があり、
早稲田式の方が圧倒的に多く使われていて、
市販のスコアブックなどもほぼ早稲田式です。

ルールを知らないといけないなど最初は難しいですが、
スコアの記録を通してより野球について深く理解できるため、
野球をするならできると良いのは間違いありません。

 

少年野球グラウンド

 

スコアブックを書くべきだという理由は、
それを通して試合をしっかり振り返ることができるからで、
曖昧な記憶ではなく、事実をベースに考えられるからです。

あの場面で、どうしてそのように判断して行動したのか、
それをひとつひとつ考え直すという試みが野球にも必要です。
野球は判断のスポーツでもありますから、
その判断力をいつも磨いてこそ成長していきます。

たとえて言えば、将棋や囲碁で言う感想戦のような、
ここでこうしてみたらどうなっただろう?というような、
考える材料を与えてくれるものなのです。

また、チームの状況をデータ化するためにも必要不可欠で、
個人成績やチームの傾向などを把握するにも役立ち、
そこから練習の方針が決まることもあります。

試合中に相手の配球などを分析するために使ったりもしますが、
スコアラーが全て見えるわけでないので、
これらは打者の記憶がベースになることも多いです。

 

少年野球ミーティング風景

 

スコアブックには100点はありません。
人によって多少のクセや思い違いもあります。
だから、細かいことはあまり気にしなくて大丈夫です。
不安なら、複数の人でつけて照合したら良いだけです。

慣れてくると、スコアブックを見ながらワイワイと、
試合を振り返ることもできるようになります。

スコアブックをつける練習は、野球中継を見たり、
また試合のビデオなどでゆっくりやってみると良いでしょう。
野球ゲームを見ながらつけてみるというのも面白いです。
また、強いチームのビデオからつけるのも勉強になります。

スコアブックは、つけるだけでなく、必ず読んでくださいね。

最初は難しく感じると思いますが、
やってみると面白いものですから、ぜひ挑戦してみましょう。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ