少年野球でサインを覚えるには?


少年野球でサインを覚えるには?

打席

少年野球でも、いくつかのサインはあって、
それを適宜使っているところも多くなっています。

もっとも、小学校の低学年くらいでは、
サインを出しても実行するのが難しいため、
好きにやらせていることも多いでしょう。

小学校の高学年くらいなら、攻守で数個は決めておいて、
それを場面に応じて使っていくことも可能です。

今の子供たちは再現度の高い野球ゲームをしているからか、
戦術の理解が早いように思います。

小学校の高学年にもなれば十分狙いを理解してくれますし、
中学生くらいなら自ら判断できる子もたくさんいます。

しかし、それでも大事な問題が残っています。

それが「サインを覚えること」「サインを使うこと」です。

走塁
「サインを覚えること」は記憶の問題ではありますが、
「サインを使う」というのはどういうことかというと、
「サインを見て実行する」ことです。

監督がサインを出すこともサインを使うことですが、
ここでは割愛して選手の話だけをします。

サインを監督が出したとしても、選手がそれを見なければ、
実行することが当然できません。

キャッチャーが守備シフトについてサインをしても、
見逃している人がいれば何かおかしくなります。
声をかけたら相手にもバレバレです。

そして、見ていた選手だけが実行して、
結局チームとしてちぐはぐな動きになってしまいます。

少年野球キャッチャー

サインを使うことを覚えるためには、
サインを出すタイミングを決めて教えることと、
そして紅白戦や練習試合の時から使っていくことです。

「お約束事」は決めたからと言って守れるとは限りません。
守れなくても守ろうと頑張る中で守れるようになります。

ですから、大事な場面で失敗をしてしまわないよう、
失敗できる時に身に着けるようにしていくべきです。

紅白戦や練習試合はのびのびとさせてしまいがちですが、
本番のための練習ですから、本番を想定して行いましょう。

その代わり、成功や失敗はあまり問わないでください。
あくまで目的はサインを意識させることです。

サインプレーを通してチームの結束力は高まりますし、
戦術に対する関心や意識も高まっていきます。

覚えるのが苦手な子も、サインを覚えようと頑張ります。

サインのある野球は複雑に思えるかもしれませんが、
少年野球選手たちの柔軟性は大人が思っている以上です。

ぜひ、チームスポーツの味を楽しませてあげてください。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ