少年野球でワンランク上を目指すにはケース練習


少年野球でワンランク上を目指すにはケース練習

走者

少年野球、特に小学生くらいの時期は、
どうしても体力的にも技術的にも発展途上であるため、
基本的な練習が多くなってしまいます。

しかし、野球のセンスや考え方を磨くためには、
基本の練習ばかりを繰り返していてはいけません。

まだまだ考え方も柔軟なうちに、
ぜひ多くのケース練習を取り入れてほしいものです。

少年野球選手

ケース練習というのは、打撃や守備において、
状況を設定してその場での動きを練習するものです。

たとえば、「ワンアウトランナー1、3塁」など、
状況を作って打撃や守備を行います。

この時にどのような行動を選択するかによって、
その先の展開が大きく変わってきます。

これは決してマニュアル的なものではなく、
投手や打者、走者といった状況によっても
最善とされる行動が変わります。

また、チームの方針によっても行動は様々です。

いろんな条件が違う中で、一番良い行動を選べる、
その感覚こそが野球のセンスというべきでしょうし、
センスのある子は身体能力や技術以上の活躍をします。

また、考える機会を作ってあげることによって、
チームとしての考え方を統一したり、
それぞれの活かし方について皆で考えられます。

状況を問わないシート打撃やシートノックもいいですが、
やはりケースがハッキリしていると集中力も違います。

ゲーム中に刻々と変わる状況に対して、
個人としてもチームとしても引き出しを作るために、
ぜひ定期的に行ってほしい練習です。

ミーティング

しかし、ケース練習をするためには、
指導をする監督やコーチが良く状況を考える必要があり、
また状況状況に対して答えを出せる必要があります。

指導者への負担も大きい面がありますが、
やはり強いチームであるほどケース練習をしっかり行っています。

ケース練習は多くボールに触るというよりも、
「考えて動く」ことが大事な練習ですので、
ただ練習をするだけでなく、一度止めて指導をしたり、
前後にミーティングを入れることも大切です。

ワンランク上を目指していきたいチームは、
打撃や守備の練習の際に、
ぜひケース練習を取り入れていってください。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ