少年野球で人数がそろわない


少年野球で人数がそろわない

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

 

キャッチボール

 

少年野球の人口が減ってきていると言われていて、
学童野球や中学校の部活動においては、
人数がそろわないということも増えているそうです。

せっかく野球がしたいと思っても、
野球は基本的に9人で行なうスポーツです。

紅白戦などを考えると、できれば18人は欲しいのですが、
それだけの人数が集まるのも難しくなりつつあります。

しかも、学年が違っていたりすると、
学童野球の場合はかなりの差になってしまい、
下級生がまったくの戦力外となってしまうこともあり、
できれば2学年くらいで1チーム作れるのが理想です。

少年野球で人数がそろわない場合には、
どのような練習を行なうのが良いのでしょうか。

 

少年野球左打ち

 

まず、基本的な練習であるノックやバッティング練習は可能です。
そういった練習の時間が増えるのは仕方ないでしょう。

では、最も問題になる試合の中での動きはどうしたら良いでしょうか。

人数が少なければ、内野練習と外野練習を分けて行ないます。
外野の練習なら、外野に三人入り、中継役が1~2人いれば可能です。

同様に、内野の練習ならフルでも6人いれば大丈夫です。
ただし、捕球をミスると転々とボールが転がって大変です。

人数が少ない分、こういった練習方法を行なうなら、
複数のポジションについて守備練習ができるのがメリットです。

試合をすることは難しいと思いますが、
人数が多少いるのであれば、
ソフトボールを使って三角ベースで小さくゲームをするなど、
工夫次第で色々できるのではないでしょうか。

 

走塁

 

現代では、共働きの家庭も多くなっていますし、
土日祝日も出勤が必要な親御さんが増えています。

そのため、チームの応援や当番が難しいこともあり、
親がそういったクラブ活動に難色を示すこともあります。

そういった事情が人数がそろわない背景にあります。

また、子供も習い事で忙しかったり、
体調を崩したりすると休むこともありますから、
所属人数はいても、人数がそろわないこともあります。

こういった中で、学童野球も統廃合されるケースもあり、
関係者も複雑な気持ちになっていることも多いです。

野球を伸び伸びやらせてあげるためには人数が必要で、
一方で人数が増えるとどうしても親の協力が必要です。

チームが活性化するのは良いのですが、
当番の頻度が上がったり、そうした運営のトラブルで
親同士がケンカしたり、子供が退団するなど、
負の影響が出ることもあります。

ベストな人数というものがあるわけではないですが、
多すぎるのも少なすぎるのも良くないのですね。

人数がそろわないチームの場合は、
頑張って募集活動をすることになりますが、
学校や地域のお店などに団員募集の掲示を行なう他、
積極的に体験入部を勧めるのが良いでしょう。

 

少年野球ベンチ

 

また、一番強い効果があるのは、
やはりクチコミと、お友達の勧誘です。

そういう意味では、人気者をいかに引っ張るか、
それが大事になってきます。

男の子であれば、人気者は面白い子か、
スポーツが上手な子である可能性が高く、
野球に興味があることも少なくありません。

うまく紹介して掴むことができれば、
一人から始まって芋づる式に増えることもあります。

人気者に限らず、体験入部の子が来たら、
練習に参加してよかったと思えるように、
関係者は是非配慮してあげてほしいと思います。

大事なポイントは「参加してよかった」と思える
成功体験を積ませてあげることです。

ボールを投げるコントロールが良くなった、
バッティングで飛距離が伸びた、
取れなかったゴロが取れた、
そういう体験をさせることが重要です。

勘違いしてしまいがちなのは、
野球のレベルの高さや実力を見せようと、
違いを強調してしまうことです。

それで憧れを持ってくれれば良いのですが、
チームでやっていく自信を喪失させたり、
少年野球自体を面白くないと感じさせてしまうと
本末転倒なことになってしまいます。

強いチームでなく、人数が少ないのであれば、
まずは入りやすい、楽しいチームを目指しましょう。
学年や性別も絞込み過ぎず、一緒にやる雰囲気が大事です。

少年野球で人数がそろわない問題は、
今やどこの地域にも見られます。

特に子供の数が少ない地域では深刻ですが、
野球は国民的人気スポーツですから、
必ずやりたいと思っている子がいます。

諦めずに呼びかけてみて、機会を作ることで、
多少の改善はできるはずですから、
頑張って人数を集めてみましょう。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


One Response to “少年野球で人数がそろわない”

  1. […] – 少年野球で人数がそろわない | Count 23 blog – 少年野球の外野守備の基本 | Count 23 blog – ゴロの捕球は難しい | […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ