少年野球で覚えておきたい走塁技術


少年野球で覚えておきたい走塁技術

 

走塁

 

少年野球は野球人生の基礎を作る時期でもあります。

そういった時期に、是非覚えておきたいのが、
走塁に関する基本的な技術です。

 

たとえば、一塁ベースを走り抜けるのか、
それと一塁を蹴って二塁に進むのか、
この時は走塁のコース取りが変わってきます。

遊びでする野球では、とにかく走ってセーフになり、
その後にキョロキョロ見回していけそうなら走る、
そういうシーンを見ることもありますが、
しっかりした野球ではそういうシーンはほぼありません。

一塁に向かって走りながら、
進塁するか、それとも止まるかを判断します。
一塁にコーチがいない場合は自分で判断するしかありません。

一塁セーフが最大の目標である場合は、
一塁に向かって真っ直ぐに走っていきますが、
スリーフットラインと呼ばれる線の中を走ります。

この外に出てしまうと、守備妨害を取られることもあるので、
タッチを恐れて外側に逃げすぎないようにしましょう。
一塁のみはオーバーランが許されているので、
真っ直ぐ走り抜けるようにします。

この時、できるだけベースの外側を走れたほうが、
タッチされるリスクが少ないため、
できれば左足でベースの外側を踏みましょう。

 

走塁

 

難しいのは進塁する場合です。

スリーフットラインから多少膨らんで、
二塁方向に進路を向ける形で、
一塁ベースを踏んで通過するようにします。

この時に、どちらの足でベースを踏むべきか、
いろんな意見があります。

主流の意見は左足でベースの内側を踏むというものです。
私もこれが理想的だと思います。

このように踏むと、身体が内側に傾くので、
そのために曲がりやすいというメリットがあります。

また、急なストップが必要な場面で止まりやすいのも、
実はこの足の運びです。

昔、右足で二塁を踏んでストップしようとした際、
次の一歩がどうしても塁から離れたところに出てしまい、
バランスが崩れて足が離れ、タッチアウトになった
苦い経験があります。

進塁を考えるとなるべく内側を走りたいため、
ベースの内側を右足で踏みたいのですが、
進塁時の他はデメリットの方が大きい気がします。

ですので、基本は左足でのベースタッチですが、
大事なのは速度が落ちないことや、
きちんと止まれることですので、
こだわりすぎる必要はありません。

 

走塁

 

走塁はどこをどのように走るか、ベースのどこを踏むか、
それをしっかり考える必要があります。

そうやって10cm、20cmの違いを作ることが、
アウトとセーフを分ける差になりますから、
最初のうちから走塁の哲学を叩き込みましょう。

少年野球で覚えておくと、後々までずっと使えます。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ