少年野球で闘争心は必要なの?


少年野球で闘争心は必要なの?

ウォーミングアップ

少年野球のみならず、少年スポーツにおいて、
「闘争心」が必要かどうかは意見が分かれます。

というか「闘争心」の定義があいまいなのが問題です。

闘争心なしには競争や競技は基本的にできません。

ですから、少年野球選手たちは、ぜひ闘争心を持ちましょう。

闘争心は野球をするなら絶対必要です。
闘争心というと、ケンカしそうなイメージを持つ人もいますが、
純粋に「勝ちたい」という気持ちを持つことであり、
負けたら「悔しい」と思うことです。

普通に遊びで野球をしていても闘争心は湧いてきます。

むしろ、闘争心が全く無いなら、やる気がない、
ジ●イアンに無理やり野球をさせられるの●太くんです。

積極走塁
闘争心があるからこそ問題が生じるケースもありますが、
だからと言って無くして良いものでもありません。

闘争心が無い子はあまり成長しません。

闘争心はあるのが普通で、
それをどう出すかをコントロールすることこそ、
本当に身に着けないといけないことです。

闘争心が無いことがお上品なわけでも、
精神的に成長していることでもないのです。

大きく成長する子は例外なく、
強い闘争心と、上手な表現を知っています。

他人と戦うこと、自分と戦うことを知っています。

「争うな」という指導が良い指導ではありません。

むしろ競争を奨励し、ルールにのっとった競争をさせること、
それが指導者の仕事であり手腕の見せ所です。

ベンチの雑談
少年野球ではきれいごとは大事です。
ぜひ大事にしてほしいです。

クリーンに、仲良く、野球を楽しむ。
礼儀を学び、心身を健康に育てる。
とってもいいことです。

しかし、野球の楽しみのひとつは相手がいることです。

また、常に自分という相手がいます。

相手と争うのだから勝ちたいと思うのが正常であり、
今の自分を超えたいと思って努力するのが正常です。

変にきれいごとに囚われて、自然な姿を無くさないでください。
大事なのは闘争心が変な方向に行かないことであり、
闘争心を無くすことではありません。

ケンカはダメですが、競争はどんどんしてください。

それが上達する心構えです。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ