少年野球とリトルリーグ


少年野球とリトルリーグ

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

少年野球といえばリトルリーグ、と考えている人も多いです。
しかし、少年野球とリトルリーグは違うものです。

 

リトルリーグというのは、少年野球におけるひとつの団体です。
全国区で非常に規模も大きいため、少年野球そのものと

考えている人もいますが、少年野球の中では特殊な位置にあります。

 

IMG_0753

 

 

 

それは、リトルリーグという名前からもわかるように、

米国の同名の野球リーグをモデルとして作られているものです。

 

 

リトルリーグの特徴は、日本の少年野球は一般的に軟式野球なのですが、

米国のリトルリーグにならって硬球が用いられることが特徴です。

 

また、試合上のルールとしても、イニング数や投球数に制限があること、

また走塁時のリードが認められないなど細かい違いがあり、

使用する道具についても規定があります。

 

 

リトルリーグは世界的な組織であり、国際大会も開かれています。

リトルリーグの全日本選手権に優勝するとリトルリーグ・

ワールドシリーズに出場することができ、各国の代表や本場米国の

強豪チームと試合して世界一を決めるという

非常にスケールの大きな大会も催されていて、

日本のチームの優勝経験もあります。

 

DSCN0307

 

 

少年野球とリトルリーグの違いをもう少し言えば、

少年野球は中学生までを含む概念である(チームの有無は別)のに対し、

リトルリーグは小学生のみ。中学生からはリトルシニアという

別リーグになります。

 

 

ちょっとボールが重いため、戸惑う子がいたりしますが、

そこはさすがに少年野球選手たちですぐに慣れるそうです。

 

 

ただ、ボールは大きくて重いので、無理をすると

ケガしやすいという面がありますので注意しましょう。

 

 

これはリトルリーグが悪いのではなく、硬球でキャッチボールをしても

生じる問題ですから、たまに硬球に触れる場合は気をつけてくださいね。

 

 

また、時折リトルリーグは親が大変という話もありますが、

きちんとしたプログラムを立てて野球をしているチームなら、

どこも大会には出場しますし練習試合があれば皆で

遠征ということもあります。

 

DSCN0296

 

 

希望があれば合宿もあります。リトルリーグであることで

特別親に負担がかかるということはありません。

 

 

全国大会や世界大会は別かもしれませんが・・・。

 

リトルリーグは軟式野球とは違った形で野球を縮小したものと

考えることができ、軟式野球とどちらが良いのかという

点については完全に好みです。

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ