少年野球と部活動の今後


少年野球と部活動の今後

グラウンド整備

最近は部活動に関するニュースが多いですね。

きっと今後部活動は学校の先生も関わりが薄くなり、
また「ガチ勢」の学校と「非ガチ勢」の学校、
そしてクラブなどが増えてくるのでしょう。

少年野球への影響も大きくなりそうです。

少年野球
個人的には少年野球の年代で言うなら、
部活動はあまり大きな問題ではないと思ってます。

小学校ではほとんどがクラブチームで、
学校単位でやっていることはほとんどありません。

中学校になると野球部は定番になりますが、
ガチ勢はおおよそボーイズやシニアリーグです。

そのため、そこまで影響が出ることはないと思いますが、
野球を楽しむ環境が減るには減ってしまいますね。

学校が見てくれるという安心感がありますし、
学校施設を使う以上、関係者である先生が
監督(管理)することが最も自然な形です。

こうした環境が無くなると野球はしにくいでしょう。

この件は率直に残念です。

 
高校については、できればそのまま残して欲しく、
甲子園があそこまで人気があるのは、
高校生がやっているということや、
その中からスターが登場してプロになるなど、
様々な楽しみがあるからです。

これがクラブチームになった場合には、
吹奏楽部による応援合戦なども無くなるでしょうし、
ちょっと寂しくなります。

サッカーではJリーグのクラブチームの下部組織が、
高校チームの強豪よりも強いと言いますが、
結局、選手も人気も分けてしまっている気がします。

スポーツには大舞台が必要だと思ってますので、
高校野球の甲子園は変わってほしくないですね。

少年野球ベンチ
少年野球の中ではあまり問題が無いとしても、
その後のステージが完全に分かれていると、
少年野球の年代で進路がほぼ決まっていきます。

今もそういった傾向はありますが、
進路選択にもっと自由を与えるためには、
学校の部活動は極力残してほしいものです。

教員以外の顧問が必要という問題なら、
ウチのようなスクールに声がかかるんでしょうか。

そうなると予算の問題から、
部費の徴収などが発生したりして、
野球をすることのハードルが上がりますね。
これは望まれる形ではきっとありません。

どうしたらいいのかわかりません。

良い解決策を誰かぜひ考えてほしいものです。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ