少年野球にジャンプ力は必要?


少年野球にジャンプ力は必要?

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

少年野球守備

少年野球には「走る」「投げる」といった要素がありますが、
運動の要素には「跳ぶ」がまたあります。

野球の試合でジャンプをする場面というのは、
たとえば守備の時に届かないと思った時に跳ぶくらいで、
他の場面では使うことがほぼありません。

それでは、ジャンプ力は要らないのでしょうか。

話をわかりやすくするために結論を先にしますが、
ジャンプ力はそこまで必要ありません。

しかし、ジャンプ力を鍛えることには、
少年野球においても有効なことではあります。
スポーツ選手の中で意外にジャンプ力があるのが、
重量挙げの選手なのだそうです。

重量挙げの動きというのは、ジャンプとほぼ一緒で、
体は太く重くともけっこう跳べる人は多いそうです。

ジャンプというのは、体の瞬発力を必要とするため、
瞬間的に力を発揮する性質を持ち、
ジャンプ力を鍛えておくと速筋と言われる、
瞬発力に関する筋肉が鍛えられていきます。

これは足の速さや体のバネにつながってくるので、
鍛えておいて損はないのです。

転びそう
ただし、ジャンプ力というのは筋力の問題もありますが、
技術による部分も大きいものです。

高く跳べる、遠くに跳べる人というのは、
必ずしも筋力が他の人より優れているのでなく、
跳ぶのが上手であるために上手く跳べることも多いです。

練習してこの技術を磨いても、野球では使えません。

ですから、ジャンプ力を高める練習までは不要です。

必要なのはジャンプの練習ではなく筋トレですが、
下半身のジャンプのための筋トレを、
野球のためにわざわざ行う必要はありません。

野球の筋肉は、野球をしながらつけるべきでしょう。

ジャンプ力を高める目的の筋トレは、
故障もしやすいのでやめておいた方が無難です。
特に少年野球の年代は体がまだ十分にできておらず、
膝や足首、太ももの筋肉などに負荷が大きいです。

ジャンプに必要な筋肉は野球でも使いますが、
ジャンプ力が必要なわけではありません。

ですから、ジャンプ力はあまり気にしないで、
もっと野球で使う部分をまず伸ばしましょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ