少年野球のすごいチーム運営


少年野球のすごいチーム運営

ミーティング

少年野球のすごいチームには、たくさん種類がありますが、
個人的に「これはすごい」と感じるのは、

「大人顔負けの運営力を持っているチーム」

です。

こう言われても、なかなかイメージがつかないと思います。

しかし、こう言われたら驚くと思います。

「少年野球チームには、専用グラウンドを持つチームもある」

「少年野球チームでは、専用の調理施設を持つチームもある」

どうでしょうか。

こういうチームは、それだけ多くの入団者がいたり、
また全国大会の常連だったり、
野球名門校と言われるような全国の高校に
選手を送り込んでおり、寄付などの形で資金力もあり、
それだけの設備を揃えることができています。

ピッチングマシン

ただ、こういったチームだとしても、
やはりご両親が練習や送り迎えに協力したり、
母親たちが調理室で間食を用意するのは変わりません。

こういうチームは強いから運営が強くなるのですが、
一方で運営が強くなるからこそチームも強くなります。

運営面では、父親たちには審判講習会やトレーニング指導、
母親たちにも管理栄養士による栄養講習など、
選手たちの競技力を伸ばすだけではなく、
親たちにも実用的で役立つ企画を作っています。

主役はもちろん少年野球選手たちですが、
それを支える親たちにもコミュニティを作ったり、
また意識の底上げをするために様々に頑張っているのです。

ビデオ撮影

少年野球のチーム運営は様々な苦労がつきものです。

しかし、頭の中で天井を作ってしまうと、
それ以上のチームが作られることはまずありません。

選手たちも、運営も、考えを大きく持つこと、
それがすごいチームを作るためには必要なのでしょう。

大物になる選手の中にはビッグマウスも多いですが、
大きなことを言うにも、まず大きな考えが必要です。

少年野球のすごいチームは、運営も設備も、
社会人クラブよりもずっとしっかりしています。

どんな考えでチームを運営するのか、
どんな人たちを巻き込んでいけばよりよくなるのか、
運営に携わる方々は大変かと思いますが、
時には他のチームを見て学ぶことも大切です。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ