少年野球のカバーリング


少年野球のカバーリング

少年野球選手守備中

少年野球において大事な要素のひとつがカバーリングです。

野球はサッカーやバスケットボールと比べて、
それほど走る機会が多いスポーツではありませんが、
このカバーリングをしっかりやる人なら、
かなりの走行距離になるものです。

しかし、指導者がちゃんと見て教えてあげないと、
なかなか理解できないので、よく教える必要があります。

打球を追う少年野球選手
たとえばセンター前ヒットがあったとします。

この時にセンターがもしも処理をミスってしまって、
後逸するようなことがあればどうでしょうか。

そこにライトやレフトがカバーに入っていなければ、
ボールは転々としてしまい、
最悪の場合はランニングホームランになります。

少年野球ではこういうことがたまにあります。

この時にセンターの子が悪いというのは簡単ですが、
ライトやレフトがしっかりカバーに入っていれば、
ホームランにはならなかったかもしれません。

基本的な役割分担はありますが、
だからと言って他のポジションの人は、
完全に他人任せにして良いのではありません。

それは距離の離れている外野手どうしでもそうだし、
外野手がベースカバーに入ることもあるのです。

 

少年野球グラウンド
高校野球の強いチームの中には、こうしたカバーリングを、
非常にハイレベルで徹底しているチームもあります。

もしも打球や送球が走者に当たってしまって跳ねたら?

そういう時も考えてカバーに入るように言うそうです。

「万が一」という言葉もありますが、
「万が一を億が一に変える」気持ちで事故を減らすとか。

少年野球では「万が一」が「百が一」くらいで起こります。

野球ではピッチャーが一試合あたり100球くらい投げるので、
一試合に一回くらいは何かアクシデントがあります。

その時に適切にカバーに入っていないと、
それが原因でゲームの結果が大きく違ってくるかもしれません。

だからこそ、徹底したカバーリング意識をつけることです。

カバーリングは徹底すると、
10~20メートルくらいのダッシュを、
試合中に30~50本ほどすることになるので、
それだけの体力が守備だけでも必要となります。

ですから、練習からしっかりしないと体がもちません。

カバーリングは体力づくりを兼ねてできますので、
普段から意識して行うと良いでしょう。
カバーリングの決め事はチームでも違うものですが、
いつも状況を考えてカバーリングに動けると、
気の利く選手を目指して、指導者から評価されます。

守備位置や状況に応じたカバーリングを考えましょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ