少年野球のグローブについて

Pocket

少年野球のグローブについて

 

--今回の記事は過去の記事を編集・再掲しています。--

 

グローブ

 

少年野球を始めるにあたって、
早めに用意したい道具のひとつがグローブ(グラブ)です。

チームによっては指導者が貸し出し用のグローブを
用意していたりしますが、

周囲に気後れなく練習をするためにも
本人の意識を高めるためにも、早めに用意したいものです。

 

さて、少年野球でのグローブについてですが、
選び方に困る人も多いと思います。

特に、ポジションが決まっていない、安定しない時期はなおさらです。

雑な言い方にはなってしまいますが、
小学生ならキャッチャー以外はこだわる必要はありません。

迷ったらオールラウンドのものを探すと良いでしょう。

本人がカッコいい、使いやすいと思うものが一番です。

 

もう少し言えば、握力がまだ十分でないため、

皮が硬いものだと疲れやすいので軟らかいもの、

そして軽いものが良いでしょう。

守備

素材は基本的に牛革ですが、合成皮革のものもたまにあります。

合成皮革は牛革に比べると使い込んでも硬さが目立ち、
濡れたりすると劣化が目立つので、牛革のものをオススメします。

 

本来はポジション別にいろんな機能を織り込んだグローブを
メーカーが頑張って作っているものですが、
そういったものは中学生くらいから意識するべきかと思います。

補球する部分をウェブやポケットといいますが、
この部分の深さや広さはポジションによって違いがあります。

ポジションが決まっている場合は、
より専門化されたグローブを使うと良いでしょう。

 

ベース守備

 

サイズ表記などもありますが、よほど慣れないと選ぶのは難しいので、

基本的にネットで購入するよりは
店舗で実物を触りながら選ぶことをオススメします。

お店のスタッフさんも丁寧に教えてくれると思います。

 

少年野球では、グローブを買うだけではなく、
ぜひグローブの管理も覚えてほしいところです。

毎日手入れをちゃんとしている子のグローブと、
そうでない子のグローブは明らかに違いがあります。

道具を大事にする子は技術の伸びも良いです。

 

プロでも一流選手ほど道具を大事にしますから、
最初からそういった心を育ててあげたいですね。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ