少年野球のバッティング


少年野球のバッティングは指導者の考え方で変わる

 

少年野球のバッティングは、指導者の考え方が反映されることが多いです。

 

ただ、その指導者がどういった考えでそのバッティングをさせているのか、
それを正しく子供たちが理解していないと、
子供たちの成長を妨げることにもなります。

 

少年野球ミーティング風景

 

 

たとえば、リトルリーグ出身の子に多いのですが、
とにかくダウンスイングをするように指導者に教わったという子がいます。

どうしてダウンスイングをするべきなのか、
ということがわからないままダウンスイングばかりをしていて、
打球の飛距離が出せずに、
自分には長打力がないと思っている場合があります。

 

ダウンスイングというのは、バットをボールよりも高い位置から
振り下ろしながらミートするスイング方法ですが、
基本的に上から叩くため、打球が低い弾道でゴロも多くなります。

まだまだ守備もミスも多い少年野球では、
フライを打ち上げてしまうよりは足によるカバーができる
可能性もあるので、こういったスイングを推奨する指導者も多いです。

 

しかし、戦術として正しい場合はあっても、
個性を無視してそのような指導をするのはよくありません。

 

あくまで、各個人にあったフォームやスイングがあるので、
それを一緒に探してあげることが必要です。

 

タイヤ打ち

 

また「バントはしない、させない」というポリシーがあり、
チームでもそのようにしているというチームもありますが、
これもよくありません。

 

バントは簡単そうですが、
ある程度の確率で決めるためにはかなり練習が必要な技術です。

 

「しない、させない」は構いませんが、
それは試合でのポリシーにとどめ、
指導はちゃんと行なってほしいです。

 

バッティング指導

 

バッティングは少年野球選手たちの最も楽しい練習でもありますが、
だからと言って無秩序させてしまうと変なクセもつきがちです。

 

野球の基礎を学ぶべき時期だからこそ、
正しい観をもってバランスよく教えることが大切です。

 

少年野球のバッティングでは覚えるべきことは多いですが、
皆、非常に関心のある分野ですからスポンジのように吸収していきます。

 

「難しいことは教えない」という姿勢より、
「話せばきっとわかってくれる」と信頼して教えてあげると
良いでしょう。

 

 


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ