少年野球のピッチャーの投げ方


少年野球のピッチャーの投げ方

少年野球ピッチャー

プロ野球を見ていると、
様々な投げ方をしているピッチャーがいます。

大きく分類すると、

・オーバースロー
・サイドスロー
・アンダースロー

の三種類になりますが、
少年野球のピッチャーではどれがよいのでしょうか。

結論を先にすると、オーバースローを練習するべきです。

ピッチャー

その理由は、サイドスローやアンダースローは、
足腰や肘への負担が大きいからです。

また、オーバースローは肩を使う投球ですが、
サイドスロー、アンダースローと、
ボールをリリースする位置が下がるにつれ、
肩の力をそこまで必要としなくなります。

肩に負担をかけないという点ではよいのですが、
肩が弱いと球威なども出にくいため、
結局打ちやすい球になりやすいのです。

プロでアンダースローやサイドスローを投げる投手は、
オーバースローだと速球派と言われるレベルの
速球を投げられるほどに肩も強いものです。

最初からアンダーやサイドに走るのは、
成長できる肩の成長を妨げる可能性があります。

また、野手は基本的にオーバーや、
オーバーとサイドの中間あたりの位置から
ボールを送球します。

投手だとしてもそれは同じです。

送球のコントロールや感覚を保つという意味でも、
オーバースローを中心にした方がよいでしょう。

ピッチャー

アンダーやサイドを使う最大の理由は、
制球が人によってはしやすいことだったり、
打者からは慣れない軌道でボールが来るために、
対応が難しくなることにあります。

少年野球の段階では、そういった駆け引きよりも、
コースにしっかり直球を投げ込んだ方が、
ずっと効果が高いです。

そういった実用面を見ても、
まずはオーバースローからしっかり取り組みましょう。

もちろん、練習したい、いずれはやりたいということで、
サイドスローやアンダースローの練習をするのは構いません。

ただ、指導者によっては毛嫌いする方もいますので、
その点はよく確認しながら取り組んだ方が良いでしょう。


無料体験スクール

野球総合コース

スクール生の声


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ